工学部 機械工学科

山部昌 研究室

YAMABE MASASHI
LABORATORY

安全・安心な自動車を目指し、コンピュータシミュレーションを用いた事前予測技術の精度向上を目指す

安全で安心な車づくりを目標に、自動車会社や自動車部品メーカーと共同で、コンピュータシミュレーションを用いたものづくり、事前予測技術の精度向上をめざしている。設計においては、衝突シミュレーションによる乗員保護、空力シミュレーションによる車体設計の最適化、運動シミュレーションによる車両の運動特性解析などに取り組んでいる。

キーワード

  • コンピュータシミュレーション
  • 自動車
  • 事前予測技術

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

数値シミュレーションを用いた設計・製造プロセス最適化技術の開発

研究内容

近年、自動車をはじめとした各種製品の開発期間が大幅に短縮されているとともに、アジア諸国の技術力向上によって我が国の製造分野も、高機能、高付加価値製品の開発、コスト削減が強く求められている。しかし、一部の製造分野では、製品設計や製造プロセスの最適化など、依然としてトライアンドエラーによって開発されている場合も少なくない。本研究では、射出成形、プレス成形、鋳造、ダイカスト、圧延、押出などの代表的な製品製造方法を対象に、数値シミュレーション技術を用いて、製造プロセス最適化技術の開発を目指す。また、これらの数値シミュレーション技術の他に、構造解析や熱流体解析などの汎用数値シミュレーション技術などを用いた、高精度、高品質、高機能な金型設計、製品設計の最適化技術の開発も行い、付加価値が高く国際競争力の強い製品設計手法、製造プロセスの開発を目指す。

射出成形過程における成形品の残留応力の定量化とその数値解法

ブロ-成形過程における成形品の残留応力の定量化とその数値解法

教員紹介

TEACHERS

山部昌  教授・工学博士

大阪府豊中高校出身

略歴

東北大学工学部化学工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程修了。日産自動車(株)総合研究所配属。技術開発センターシニアリサーチャーを経て、1996年本学教授就任。2010年~2013年副学長。

専門分野

専門:プラスチック成形加工学 自動車工学
論文・著書:圧縮成形における樹脂複合材料の充填挙動に関する研究
受賞:英国NEL(National Engineering Lab.)Best Paper賞。(社)プラスチック成形加工学会技術賞受賞

横顔

日産自動車(株)では新しい車づくりのための生産技術開発にたずさわってきた。材料の特性を生かした新しいものづくり(製造方法、金型など)が専門。

趣味

もともと体を動かすことが好きで、研究室でもソフトボール、スキーなど学生達と一緒になってスポーツを楽しんでいます。学生時代は陸上競技部で中長距離を専門にしていましたが、現在でものんびりジョギングを続けています。夏は愛車のフェアレディZで、冬は四輪駆動のテラノでドライブも楽しんでいます。

近況

自動車部品の軽量化を実現すべく、部品の成形加工技術(成形シミュレーション、部品評価)を研究の主な対象にしてきましたが、領域を拡大し、自動車の衝突シミュレーションや空力解析、運動性能解析さらには医工連携(心臓拍動解析)も着手しています。安全で環境や人に優しい「夢のモノ作り」を一緒に取り組みませんか?

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS