工学部 機械工学科

新谷一博 研究室

SHINTANI KAZUHIRO
LABORATORY

人にやさしい医療器具で最先端医療をリード!

少子高齢化が進む現在、先進医療現場においても高齢化対策が急がれている。本研究室では医学系大学の整形外科や脳神経外科との共同研究で、生体にやさしい医療機器の開発や低侵襲型手術器具の開発、また再生医療を支援する高骨伝導能型人工足場材などを提案し、体への負担が少ない人にやさしい医療の実現に向けて取り組んでいる。

キーワード

  • カスタムメイド
  • 医療・福祉
  • 人工関節
  • 骨再生

研究紹介

RESEARCH

カスタムメイド医療部品の開発

研究内容

近年、高齢者の増加により老人性疾患による患者数が増加しており、その治療方法として生体の一部を機械部品へと置換する医療法が用いられている。しかし、現状の置換治療では患部にマッチングしていない部品の使用が原因で手術後の後遺症に悩むケースが多い。本研究は、個々の患者の患部にフィットする人工股関節のカスタムメイド供給を目指し、図1 に示すような、(1)股関節周りのX 線CT による画像データの取り込み、(2)同部3 次元モデリングと座標データへの変換、(3)大腿骨髄空占拠率を考慮したステムのカスタムメイド設計、(4)高能率加工システムの構築によるステムの成形と速やかなる患者への供給システムの構築を行っている。

ADI材加工におけるcBN工具の摩耗メカニズムの解明

セラミックエンドミルによる鋳鉄の高速加工

ねずみ鋳鉄の高速加工条件下におけるcBN工具の長寿命化機構

教員紹介

TEACHERS

新谷一博  教授・工学博士

石川県金沢工大附属高校出身

略歴

金沢工業大学機械工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(機械工学)修了。1972年本学助手就任、講師、助教授を経て、1997年現職。

専門分野

専門:切削工学、生体工学
論文・著書:①ねずみ鋳鉄材の高速旋削加工におけるバインダレスcBN工具の損傷特性、②バインダレスcBN工具を用いた高速切削環境における刃先温度管理システムの構築、③生体用チタニウムの高速切削加工に関する研究、④ヒューマンフレンドリーな医療用部品の切削加工に関する基礎的研究、ほか
受賞:工作機械技術振興賞(論文賞)、産学連携推進いしかわ賞、その他工作機械技術振興賞(奨励賞)多数

横顔

本学機械工学科4期生、藤村研究室(通称藤村道場)育ちで、後輩を指導しながら博士学位論文をまとめられた。学生の面倒見が良く、教育にとても熱心。

趣味

盆栽、陶器の絵付け(染付け)

近況

学生個々の長所を伸ばすような教育指導が出来ないものか考えている。近年は医療分野で活躍できる工学技術者を育てたいと考えている。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。