工学部 機械工学科

森本喜隆 研究室

MORIMOTO YOSHITAKA
LABORATORY

100万分の1ミリメートル(ナノメートル)で工作機械を制御する

ものづくりの根幹を支える日本の工作機械産業は、北陸・中部地域に特に多く、独自の技術力により世界をリードしている。研究室では、工作機械を制御する技術,評価する測定技術を中心に、100万分の1ミリメートルで、世界にアピールできる新しい工作機械の開発に取り組んでいる。
研究成果は、2015年度日本機械学会賞(論文)を受賞したことからも、内外の工作機械関連の技術者から注目を浴びている.

キーワード

  • 高速運動制御
  • 工作機械
  • ナノ
  • CAMシステム

研究紹介

RESEARCH

振動、熱変形に強い機械構造の開発

研究内容

高速、高応答を持つ工作機械を開発するには、機械系の動特性を考慮した制御手法を用いなければならない。そのためには、従来の機械構造にとらわれずに、振動を制御しやすい、あるいは熱変形を制御しやすい構造として、新しい構造の機械を模索することも解決方法の一つである。本研究では、超精密位置決め技術、構造解析技術を融合して、機械が振動する、熱変形するという前提に立ち、これらを制御により安定させることを目的に、種々の構造の提案、位置決め機構の提案、制御手法の提案を行ってきた。これらの研究成果を組込んだ新しい構造の機械を開発する。

教員紹介

TEACHERS

森本喜隆  教授・博士(工学)

石川県七尾高校出身

略歴

金沢大学工学部機械工学科卒。金沢大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了。金沢大学大学院自然科学研究科システム科学専攻博士課程修了。1983年石川県工業試験場技師。1997年国立富山工業高等専門学校助教授。1999年宇都宮大学助教授。2008年本学教授就任。

専門分野

専門:工作機械、生産工学
論文・著書:Development of Cutting Device with Enlargement Mechanism of Displacement, Special Issue on Advanced Manufactruing Technology
受賞:1998年日本材料試験技術協会論文賞、1999年工作機械財団技術振興賞(奨励賞)、2015年度日本機械学会賞(論文)

横顔

能登の田舎で育ち、多くの方々から薫陶を受け、地域の発展に貢献すべくJターンしました。

趣味

2輪レース。エンジンから車体作りまで全て独力で行います。

近況

新しい工作機械の構造と制御についてようやく成果がでてきました。学生とともに研究を進め、日本のモノづくりのすごさを世界に発信し、機械技術の発展に貢献したいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS