工学部 機械工学科

瀬川明夫 研究室

SEGAWA AKIO
LABORATORY

材料を自由に変形できる塑性加工による高品位、高機能な「ものづくり」に向けた加工技術の探究と製品の創出

材料を自由に変形させる加工法を「塑性加工」という。良い製品をつくるためには、加工工程の良否も重要だ。研究室では「素材から製品まで」をスローガンに、代表的な塑性加工である圧延加工とプレス加工について研究を行っている。例えば自動車ボディでは、高品位な板材料の提供から、ボディ形状に効率よく成形する方法までを考える。

キーワード

  • 塑性加工学
  • 生産工学
  • 数値解析

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

真空雰囲気を利用した高付加価値成形加工技術の提案

研究内容

真空雰囲気を利用することはこれまでも種々の分野で行われた。当研究室では、塑性加工分野の圧延加工に真空を適用し、金属系複合材料の製造において、真空+高温下の雰囲気中で高い接合強度と優れた表面性状を兼備する高付加価値製品の創製を可能とした。また従来では接合が困難とされた組み合わせでも接合可能であることを実証した。この時蓄積された真空雰囲気に対する知見を応用し、現在は熱間加工のシミュレーション技術であるScale Transfer 法を提案し、加工中の酸化物そのものの状態を可視化することに成功した。今後は、圧延加工以外への適用の拡大を探索するとともに、シミュレーション技術としても応用する。

モデル材料による据込み加工の内部変形解析

チタンクラッド鋼の接合強度の改善 モデル材料による据込み加工の内部変形解析

有限要素法による非対称圧延変形解析

教員紹介

TEACHERS

瀬川明夫  准教授・博士(工学)

石川県金沢二水高校出身

略歴

金沢工業大学工学部機械工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(システム設計工学)修了。同大学大学院工学研究科博士課程(システム設計工学)修了。(株)ステンレス久世品質保証職を経て、1997年本学助手就任、講師を経て、2003年助教授。

専門分野

専門:塑性加工学、生産工学
論文・著書:Defomation Characteristics of Oxide Scale in Hot Rolling by Scale Transfer Method Using Vacuum Hot Rolling Mill,ほか

横顔

本学機械工学科22期生。一見気難しく見えてしまうが、実は温厚な性格。「学ぶべきときはしっかり学び、遊ぶときはしっかり遊ぶ」がモットー。自他共に認める自動車好きで、本人よりも愛車の方が有名と言われています。

趣味

ドライブ、自作パソコン作り。20年以上付き合っている愛車(R32)になかなか乗る機会が減っており、少々残念...。また、研究室のパソコンはほとんど自作(Windows)していますが、最近Macに浮気気味。

近況

研究活動の拠点である先端材料創製技術研究所(八束穂キャンパス)と、講義のための扇が丘キャンパスとの往復に忙しい日々を送っています。「ものづくり」の基盤である「塑性加工」分野で新境地開拓のため、加工そのもの(圧延、鍛造)のみならず、周辺分野への展開も図っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。