工学部 航空システム工学科

赤坂剛史 研究室

AKASAKA TAKESHI
LABORATORY

実運用を目指した小型無人航空機とヘリコプタの研究開発

小型無人航空機(ドローン)の産業が急拡大する中、運用環境による飛行課題が多くあり、屋外での運用を想定した自律飛行研究や緊急時におけるパラシュートの研究に取り組んでいる。またドクターヘリなどに求められる高速移動でき広範囲に飛行できる次世代のコンパウンドヘリコプタの研究に取り組んでいる。

キーワード

  • 小型無人航空機
  • ドローン
  • パラシュート
  • コンパウンドヘリコプタ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

コンパウンド・ヘリコプタのロータと主翼の空力干渉

研究内容

高速飛行可能なコンパウンドヘリコプタの実現を目指して、ホバリング時に生じるロータの吹き下ろしと主翼との空力干渉について風洞試験や飛行試験を行っている。

小型無人飛行機の自律飛行に関する研究

研究内容

固定翼・回転翼・マルチコプタなど、さまざまな形態の小型無人飛行機に対し、悪天候下でも運用可能な小型無人飛行機の自律飛行に関する研究を行っている。

ドローン用パラシュートに関する研究

研究内容

ドローンがさまざまな分野で利用されるようになり墜落の危険性が高まっているため、パラシュートを搭載することにより、墜落時における対人・対物事故を減少させることが可能になるため、既存の丸型パラシュートとは異なる形状のドローン用パラシュートについて風洞試験と落下試験にて研究している。

斜面や構造物近傍でのヘリコプタのホバリング性能

研究内容

ヘリコプタはホバリングできる特徴を生かして輸送・救急・救難など様々な場面で利用されているが、ヘリコプタが使用される環境は通常のヘリポートと異なり、斜面や構造物近傍であることが多い。そこで、障害物環境がヘリコプタのホバリング性能にどのような影響を及ぼしているか実験的に解明する研究を行っている。

ヘリコプタのロータ後流に関する研究

研究内容

ヘリコプタ・ロータ後方に風で流されたロータの吹き下ろしによってヘリコプタの後方を通過する航空機に悪影響を及ぼした事例がある。そこで流されたロータの吹き下ろしのメカニズムを解明するため、風洞装置内にヘリコプタ・ロータを設置し、ロータ回転数やロータの設置高さ、胴体の影響などによるロータ後流を実験的に解明する研究を行っている。

教員紹介

TEACHERS

赤坂剛史  講師・工学

神奈川県海老名高校出身

略歴

東海大学工学部航空宇宙学科卒。東海大学大学院工学研究科航空宇宙学専攻博士課程修了。川田工業(株)にて小型無人飛行機(固定翼型・回転翼型)の開発及び量産化・大型無人ヘリコプタの開発(ロボコプタ)、ヘリコプタ低騒音化研究(JAXA共同研究)、風洞計測装置開発(7孔型風速計、煙発生装置)に従事。2011年本学講師就任。

専門分野

専門:飛行力学、飛行制御、空気力学、小型無人飛行機、風洞実験、数値シミュレーション、回転翼航空機、特殊航空機、風洞計測装置
論文・著書:「パラグライダの飛行性に関する研究」(学位論文,1999)
「パラグライダの旋回メカニズムの検討」(日本航空宇宙学会誌,第47巻,第540号,1999)

横顔

大学院修了後、人の役に立つ製品を作るために民間企業に就職し、小型無人飛行体の開発当初から量産化まで中心的役割を果たし、製品化に成功した。
技術は人の役に立たないと意味がないと考え、運用まで考えた研究を行っている。主体的に行動する学生を育てるため「起業家精神」を学生と一緒に勉強している。

趣味

灼熱のサハラ砂漠マラソンや標高3000mのアタカマ砂漠マラソン、極寒の南極マラソンなど、衣食住のすべてを背負って走る極地マラソン(7日間245キロ)に挑戦。その経験から「あきらめなければゴールできる」を講演。白山を盛り上げるため白山ジオトレイル開催。トライアスロン、パラグライダー、旅など多数。

近況

・超小型無人機、シングルロータ・同軸反転ロータ、タンデムロータ、トリコプタ、クワッドロータ、ティルトロータ、テイルシッタなどに関する自律飛行研究。
・コンパウンド・ヘリコプタやヘリコプタの地面付近におけるロータ後流や関する実験的研究。
・ドローンやロケット回収用パラシュートに関する研究。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。