工学部 航空システム工学科

佐々木大輔 研究室

SASAKI DAISUKE
LABORATORY

数値流体力学を活用した設計探査手法を構築し,航空機・ジェットエンジンの環境適合性向上に取り組む

計算機を利用して航空機周りやジェットエンジン内部の流れ場を予測する数値流体力学(CFD)の実用性向上を目的として、複雑形状の解析を効率的に行う空力解析・音響解析手法の研究を行っている。また、応用研究としてCFDを利用した設計最適化手法の研究を行い、航空機の環境適合性向上(抵抗低減や騒音低減)をめざしている。

キーワード

  • 数値流体力学
  • 空力解析
  • 設計最適化手法
  • 航空機の環境適合性向上

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

直交格子法による大規模流体解析手法の開発

研究内容

複雑形状(実形状)を容易に扱える直交格子法とスーパーコンピュータを利用した次世代数値流体解析手法としてBuilding-Cube法(BCM)の開発を行っている.BCMでは,直交格子を用いていることから高速に前処理(格子生成)を行うことができ,解析においては高次精度スキームを用いることによる精度の高い数値解析が期待される.また,近年のスーパーコンピュータで計算時間を短縮するためには並列化が必須であるが,BCMではブロックに分けた直交格子を用いており高い並列性能が期待される.BCMの実用性向上を目的として,「超低レイノルズ数流れにおける解析手法の研究」「圧縮性流れにおける直交格子法の有効性の検証」「ジェットエンジンの空力騒音低減に向けた空力・音響連成解析手法の開発」等の研究を行っている。

ロバスト性を考慮した設計探査手法(多目的設計最適化手法)の開発

研究内容

現実の工学問題では,製作誤差や運転条件により当初設定した性能を実現できない可能性があります.例えば,人力飛行機では,長時間のフライトを実現するために高い空力性能を実現する主翼の設計を行いますが,製作誤差によりその空力性能が実現できない可能性があります.本研究では,ロバスト性を考慮した設計探査手法(設計最適化手法)の構築を行い,製作誤差等が生じても高い性能が実現できる形状を設計します.

スーパーコンピュータを用いた空力音響解析手法の研究

研究内容

航空機の低騒音化を目的として,空力(流体)及び音響解析手法の研究を行っています.そのためには,大規模並列計算機(スーパーコンピュータ)の使用が不可欠であり,その性能を十分に活用できる計算手法(アルゴリズム)の研究を行っています.

教員紹介

TEACHERS

佐々木大輔  准教授・博士(情報科学)

福島県立安積高校出身

略歴

東北大学工学部機械航空工学科卒。同大学大学院工学研究科博士前期課程(航空宇宙工学)修了。同大学大学院情報科学研究科博士後期課程(システム情報科学)修了。イギリス・サウサンプトン大学研究員、イギリス・ケンブリッジ大学研究員、東北大学大学院工学研究科助教を経て、2012年本学講師就任。2015年現職。

専門分野

専門:空力設計、数値流体力学、最適化
論文・著書:"Aerodynamic Optimization of an Over-the-Wing-Nacelle-Mount Configuration"他
受賞:日本航空宇宙学会奨励賞

横顔

学位取得後、イギリスの大学で研究員をしていました。その時に世界各国から集まった同僚や友人からさまざまな刺激を受け、今の私の価値観があると思います。学生のみなさんにも、是非国際的な経験や国際交流をしてほしいと思います。

趣味

国内外を問わず、歴史のある町並みや美しい景色を散策する事が好きです。

近況

金沢に来てから4年がたちました。毎年かけ声倒れになっていますが、今年こそは運動をする時間を確保したいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。