工学部 ロボティクス学科

鈴木亮一 研究室

SUZUKI RYOICHI
LABORATORY

エンジニアリングデザインアプローチによる生活支援技術、福祉医療支援技術の開発研究

自立を支援し、生活の質を向上させる生活支援技術や、介助者・医療従事者を支援する福祉医療支援技術を開発研究。ユーザーとの対話を大切に「人の役に立つものづくり」「人に必要とされているものづくり」を実践。「片手で操作できる車椅子の補助装置」「使用者の依存度が表示される立ち上がり補助装置」などは実用化レベルに到達している。

キーワード

  • 制御工学
  • ロボティクス
  • 生活支援技術
  • 福祉医療支援技術

研究紹介

RESEARCH

医療福祉支援機器のための制御技術の開発研究とその応用

研究内容

本研究に関わる基礎・開発研究は、つぎの科学研究補助金を受けた成果です。内部モデル制御を利用した片麻痺者の為の車椅子走行補助システムの研究:基盤研究(C)平成13・14 年度歩行支援カートの速度制御に関する研究:基盤研究(C)平成15・16 年度立ち上がり動作時の依存度を表示できる立ち上がり支援装置の開発研究:基盤研究(C)平成17・18 年度残存能力の推定機構を有する制御系設計と下肢運動のリハビリテーション機器への応用:若手研究(B)平成18・19 年度

最適レギュレータの極限とその応用

構造に着目した制御理論

教員紹介

TEACHERS

鈴木亮一  教授・博士(情報科学)

愛知県岡崎北高校出身

略歴

金沢工業大学機械システム工学科3年次中途退学。北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程、博士後期課程修了。日本学術振興会研究員(リサーチアソシエイト)を経て、2001年本学助手就任、講師、助教授を経て、2013年現職。
独日学術ブルゼ研究員(1995年~1997年)、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨励研究員(2005年~2006年)として、ドイツ・ウルム大学・工学部・計測制御マイクロ技術研究所へ留学。

専門分野

専門:制御工学
論文・著書:最適レギュレータと状態推定器の極限的性質を用いた多変数系の非干渉制御に関する研究(学位論文)ほか

横顔

大学時代に受けた講義で「なぜこのような理論で機械やロボットを巧く操ることができるのか?」と不思議に感じ、制御に興味をもつ。制御工学の考えを様々な分野へ応用し、新しい研究領域を開拓することを目標とする。最近は、福祉機器のための制御応用に関する研究や、リハビリテーションへのロボット工学の応用に関する研究に関心を持つ。

趣味

スポーツ(サッカー、ソフトボールなど)、料理、芸術鑑賞、旅先でその地方の食文化を楽しむこと。

近況

ドイツでの経験を生かし教育と研究に励みたいと思います。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS