工学部 電気電子工学科

深見正 研究室

FUKAMI TADASHI
LABORATORY

地球規模の環境・エネルギー問題解決に貢献する回転機技術の研究

回転機と総称されるモータや発電機は、電力と動力の変換を、高密度、高効率で実現でき、社会基盤を支えるキーデバイスとして、電力、産業、交通、家電などの幅広い分野で利用されている。地球規模の環境・エネルギー問題の解決に向け、モータ、発電機の高効率化、エンジン、油圧のモータへの置換えなど、回転機技術の一層の高度化が求められている。研究室では、その要求に応える新原理/新構造の回転機の開発に取り組んでいる。

キーワード

  • モノを動かすモータ
  • 電気をつくる発電機
  • 電気自動車
  • ハイブリッド車
  • 風力発電

研究紹介

RESEARCH

特定用途指向の新しい回転機の開発

研究内容

本研究では,低炭素社会の実現に向けて、電気自動車、ハイブリッド自動車、風力発電、マイクロ水力発電などの特定用途にベストフィットした新しい原理、構造を持つモータ、発電機の開発をコンピュータと実験により行っている。コンピュータで、内部の磁束の流れを図示したり、動きをシミュレーションしたり、実際に回転機を回して電圧・電流を測定したりして、新しい回転機の実用化を目指している。
★具体的なテーマ
(1)電気自動車/ハイブリッド自動車走行用モータ: レアアース磁石を使わない,あるいは減らすことのできる新しいモータの開発、
(2)再生可能エネルギーを利用する風力/マイクロ水力用発電機: 巻線構造が簡単な多極ギアレス発電機の開発、
など。

教員紹介

TEACHERS

深見正  教授・工学博士

石川県羽咋工業高校出身

略歴

金沢工業大学電気工学科卒。同大学大学院工学研究科博士課程(電気電子工学)修了。三菱電機(株)入社、中央研究所に勤務。1992年本学助手、講師、助教授を経て、2004年教授。

専門分野

専門:電気機器、回転機、モータ、発電機
論文・著書:論文に「固定子電機子巻線を励磁する、励磁機なしブラシレス同期電動機に関する研究」(学位論文)、著書に「電気工学ハンドブック」(電気学会)(共著)、「エレクトリックマシーン & パワーエレクトロニクス」(森北出版)(共著)ほか。
受賞:電気学会産業応用部門「部門論文賞」(2回)、電気科学技術奨励賞、オーム奨学賞(電験第1種合格記念)ほか。
その他専門情報:第1種電気主任技術者。シニア教育士(工学・技術)。電気学会回転機技術委員会委員長(2014年4月~2017年3月)。

横顔

自分で言うのも変ですが,気さくで飾り気のない性格です。欠点は、せっかちで少々大人気ないところでしょうか。研究室では、学生とつまらない冗談を言うのが大好きです。現在、弓道部の顧問をしています。

趣味

弓道(弐段)。ただし、長らく練習を中断していたので、感覚を取り戻すため、ゴム弓を使ってトレーニング中です。

近況

私の役目は、良い学生を育てること、社会に役立つ研究をすることだと思っています。それには、まず自分自身を磨くことが必要だと感じています。日々努力中です。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。