工学部 電気電子工学科

井田次郎 研究室

IDA JIRO
LABORATORY

体温、振動のみで使える究極のエコ・シリコン半導体デバイスを目指して

シリコン半導体デバイスは、スマートフォンなどのあらゆる情報機器に使われている。今後、老朽化するインフラや血圧などの生体情報を常時モニターする応用が注目されている。それには、微小な振動や環境中にある電波などのわずかなエネルギーで動くデバイスが必要である。この究極のエコ・シリコン半導体・集積回路をめざし、内外の研究機関、民間企業と共同で研究を行っている。

キーワード

  • シリコン半導体デバイス
  • 集積回路
  • 超省電力デバイス

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

極低消費電力LSI向けデバイス・回路の融合設計の研究

研究内容

完全空乏型SOI デバイス、3 次元FIN 型SOI デバイスのモデル化を行いLSI の中で一番パワーを消費するアナログ・RF回路シミュレーションに持ち込み、デバイスの視点から極低消費電力化の追究をしています。これらのデバイスの特徴である極小接合容量、極小基板バイアス効果などを活かし切る方式を追究しています。体温、振動、電波等のグリーンエネルギーの研究動向を把握し、それらの微弱エネルギーで動作する究極の極低消費電力LSI を目指します。また、現状の技術をベースにしたシステムの視点からの研究も予定しており、市場機会を明確にするとともに、応用開拓に向けデバイス、回路技術に不可欠な要素を抽出しこの研究にフィードバックさせます。 これらは、学内、産官学とのネットワークをさらに発展させつつ研究にあたります。

教員紹介

TEACHERS

井田次郎  教授・博士(工学)

石川県金沢泉丘高校出身

略歴

東京大学工学部物理工学科卒。同大学大学院工学系研究科物理工学専攻修了。住友電気工業(株)に入社。2年半で沖電気工業(株)へ。以来、沖電気の超LSI研究開発センター、プロセス技術センター、事業企画部門担当部長、シリコンソリューション・カンパニー研究開発部長などを経て、2009年本学教授就任。

専門分野

専門:シリコン半導体デバイス、SOI(Silicon on Insulator)デバイス
論文・著書:「高速・低消費電力サブミクロンCMOSデバイス技術の研究」(学位論文)、「低消費電力完全空乏型SOI-MOSFETの現状と展望」(応用物理76巻,2007)など
その他専門情報:VLSI Symp. Program Committee Member(1997-2002)、Conference Secretary(2002-2003)、半導体国際ロードマップ委員会(ITRS)、 日本PIDS主査(2006-2007)、幹事、特別委員(1998-現在)、IEEE SOI Conference, Program Committee Member(2008-2010)、産業技術総合研究所(AIST) 客員研究員(2009-現在)

横顔

日本がシリコン半導体の黄金期であった90年代、企業にて、それ行けどんどんの研究開発と実用化を担当しました。今、シリコン半導体は次のステップに向け、技術、応用とも革新が求められています。学の貢献が重要であり、今後、学際領域にもチャレンジし、新規分野を構築し、将来は、新規事業が起こせればと夢想しています。

趣味

海釣り、歴史もの読書、ごく最近は料理(パスタなど)も・・

近況

高校を出て以来、約30年ぶりに金沢での生活を再開しました。雪の金沢にびっくりするも、なつかしさもあります。新鮮な“ふくらぎ(いなだ)”を食するため東京にて海釣りを始めましたが、これからは近江町市場で買えるので、別の趣味を作ろうかと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。