工学部 電気電子工学科

島和男 研究室

SHIMA KAZUO
LABORATORY

モータ・発電機の物理現象を解明して省エネルギー、省資源への貢献を目指す

電気をつくる発電機や、家電・車などあらゆる製品に使われているモータ。これら「回転機」の発明は古いが、多くの未解明現象が残されており、その解明は回転機の性能向上や新構造の開発、社会の省エネルギーや省資源化につながるとして産業界から期待されている。研究室では実験やコンピュータ解析により、これらの解明に取り組んでいる。

キーワード

  • 発電機
  • モータ
  • 省エネルギー
  • コンピュータシミュレーション

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

回転機の設計および電磁気特性に関する研究

新構造回転機に関する研究

教員紹介

TEACHERS

島和男  教授・博士(工学)

千葉県市川高校出身

略歴

京都大学工学部電気工学第二学科卒。同大学大学院工学研究科電気工学第二専攻修士課程修了。日立製作所日立研究所を経て、2005年本学講師就任。准教授を経て、2015年現職。

専門分野

専門:電気機器、計算機シミュレーション
論文・著書:磁気飽和を考慮した突極形同期機のインダクタンス解析に関する研究(学位論文)、交流機設計(電気書院・翻訳)
受賞:電気学会産業応用部門論文賞2回

横顔

喋るのが遅いですが、イライラしないでお付き合い下さい。

趣味

読書,テレビ,弓道

近況

持続可能な社会の実現に対して少しでも貢献することを目標に研究しています。趣味では、目から鱗が落ちるようなことを知るのが好きで、そういった本を読んだり、テレビを見たりしています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。