工学部 電気電子工学科

深田晴己 研究室

FUKADA HARUKI
LABORATORY

新しい蛍光体材料の探索とナノ化、省エネルギー型発光デバイスの開発

発光ダイオードや薄型ディスプレイなどのさまざまな発光デバイスの高性能化には、効率良く光を創り出す蛍光体の開発が極めて重要となる。当研究室では、超高性能な発光デバイスを開発するために、新しい蛍光体材料を探索するとともに、その薄膜化およびナノサイズ化についても検討中である。特に、省資源・省エネルギーを通じた環境負荷の低減に貢献できる蛍光体材料および次世代照明デバイスの開発に力を入れている。

キーワード

  • 蛍光体
  • 発光デバイス
  • 次世代照明
  • 省資源・省エネルギー
  • ナノサイズ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

省資源・省エネルギー型発光デバイスの開発を目指した高い発光効率を有する蛍光体材料の探索

各種液相合成法を用いたナノ粒子蛍光体の開発

ミストCVD法を用いた酸化物蛍光体薄膜の作製

蛍光体材料を短時間で効率良く探索することができる新しいコンビナトリアル手法の開発

光音響・フォトルミネッセンス同時測定法による酸化物蛍光体の発光過程と非発光過程の解明

環境に適合した低電圧駆動型無機薄膜エレクトロルミネッセンス(EL)照明の開発

フレキシブル(曲げられる)ELデバイスの開発

生体イメージング用途の蛍光体材料の開発

太陽電池の発電効率向上を目指した波長変換蛍光体材料の開発

教員紹介

TEACHERS

深田晴己  准教授・博士(工学)

大阪府大阪貿易学院高校出身

略歴

鳥取大学工学部電気電子工学科卒。同大学大学院工学研究科博士前期課程(電気電子工学専攻)修了。同大学大学院工学研究科博士後期課程(情報生産工学専攻)修了。静岡大学SVBL非常勤研究員。三洋電機(株)研究開発本部研究員。本学特別研究員、非常勤研究員を経て、2008年本学講師就任。2013年現職。

専門分野

専門:光物性、蛍光体材料、電子デバイス
論文・著書:SrSを母体とする青色発光薄膜エレクトロルミネッセンス素子の基礎的研究(学位論文)など
その他専門情報:日本工学教育協会教育士(工学・技術)

横顔

現在、省エネルギー・省資源を通じた環境負荷の低減に貢献できる新規な蛍光体材料及び次世代発光型デバイスを開発するために日々努力をしております。また、学生の皆さんとのコミュニケーションを大切にし、常に活発な議論が絶えない、明るい研究室作りを目指しております。

趣味

スポーツ、旅行、ドライブ

近況

金沢での生活も約11年が経過しました。休みの日にはなるべく温泉やお城めぐりの旅に出かけてリフレッシュするように心掛けております。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。