工学部 電気電子工学科

池永訓昭 研究室

IKENAGA NORIAKI
LABORATORY

新しいプラズマ生成技術の開発と新しい機能性薄膜の開発

工具などの寿命改善用に代表される機能性硬質薄膜は医療や航空・宇宙へと応用分野を広げており、それに伴って薄膜に要求される機能性も多種多様になってきている。研究室ではこれら産業界のニーズに対応できる、プラズマを使った新しい機能性薄膜の開発とその作製技術の開発を行っている。また、他学科や地域と連携した活動にも積極的に参加している。

キーワード

  • プラズマ
  • 機能性薄膜
  • ダイアモンドライクカーボン
  • フィジカルセンサ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

高耐熱なアモルファス状炭素系薄膜(a-C:H)の開発

研究内容

アモルファスカーボン膜の代表として知られるDLC(Diamond Like Carbon)膜は産業応用が盛んな炭素系薄膜のひとつである。DLC膜は主として摺動用機械部品(低摩擦・高硬度)に応用されているが、耐熱温度が他の硬質薄膜に比べて低い(400℃)という問題があるため用途が限定されているのが現状であった。本研究ではDLC膜に種々の元素を添加することによって、DLC膜が本来持つ特性(低摩擦・高硬度)を損なうことなくさらに高耐熱(1000℃を目標)なDLC膜の実現に向けて研究を行なっている。
現在までのところ600℃までの耐熱性を持ったDLC膜の作製に成功しており、今後はこのメカニズムの解明とさらなる機能性発現の探求を目指している。これと並行してDLC膜に種々の元素を添加するための簡便な成膜プロセスの開発も行っている。

教員紹介

TEACHERS

池永訓昭  准教授・博士(工学)

大阪府香里丘高校出身

略歴

金沢工業大学工学部電気工学科卒。金沢工業大学大学院電気電子工学専攻修士課程修了。金沢工業大学大学院材料設計工学専攻博士課程修了。澁谷工業(株)開発部開発課、(独)科学技術振興機構(JST)専任研究員、金沢工業大学ものづくり研究所研究員を経て、2010年本学講師就任。2016年准教授。

専門分野

専門:プラズマ工学(プラズマプロセス)、薄膜材料
論文・著書:学位論文:パルス変調によるプラズマ制御技術の開発および高機能薄膜形成プロセスへの応用
受賞:6th ICCG、Best poster award、澁谷学術文化スポーツ財団学術奨学賞、澁谷学術文化スポーツ財団新技術研究奨学賞
その他専門情報:日本工学教育協会初級教育士(工学・技術)

横顔

バーベキューでダイナミック料理にチャレンジしたいと思ってます。最近はいろいろな食材で塩釜料理を作って楽しんでます。
昔やっていた「釣り」を再開したいとも思っています。

趣味

創作料理(美味しくないですが)

近況

研究や開発をするときに実験で見られる様々な現象は、自然界では日常的な物理現象として繰り返されていることは多々あります。民間企業在籍中にそのことに気づかされて感銘を受け、学術の世界に飛び込む決心をしました。日々充実感を感じつつ、その感動を少しでも多くの学生に気づいてもらえるように学生に接しています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。