工学部 電子情報通信工学科

廣田哲夫 研究室

HIROTA TETSUO
LABORATORY

通信をより快適にするためにマイクロ波回路の技術を追究

移動通信や衛星通信は、情報を電波にのせることにより通信を行っている。この電波の信号を処理するマイクロ波回路は高い周波数の信号を扱うため、普通の電子回路とは異なる技術が必要である。研究室では、状況の変化に応じた機能や性質の変更、少ない電力による通信の実現など、通信の未来をより快適にするために、マイクロ波回路技術を研究している。

キーワード

  • 移動通信
  • 衛星通信
  • マイクロ波回路

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

可変出力増幅器

研究内容

電力効率を落とすことなく出力電力を変えられる送信回路が望まれています.スイッチを備えた可変分配合成回路により,複数の増幅器の出力を適応的に合成することのできる増幅器について研究しています.

小形・低損失ディジタル移相器

研究内容

ビームを自在に変化させることのできるアダプティブアレーアンテナが広く使われようとしています.それを制御する移相器はより小形かつ低損失にする必要があります.従来の移相器の問題を解決する新しい構成法について研究しています.

広帯域電力分配回路

研究内容

マイクロ波電力を複数の経路に分配する機能をもつ電力分配回路について,性能を劣化させている要因を分析し,対策を施すことにより広帯域化を目指しています.

教員紹介

TEACHERS

廣田哲夫  教授・博士(工学)

富山県高岡高校出身

略歴

京都大学工学部電子工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(電子工学)修了。日本電信電話公社(現NTT)入社、同社無線システム研究所主幹研究員、(株)NTTドコモワイヤレス研究所無線回路研究室長などを経て、2003年本学教授就任。

専門分野

専門:マイクロ波~ミリ波回路、無線通信装置
論文・著書:論文に「ユニプレーナ型モノリシックマイクロ波集積回路の研究」(学位論文)など、著書に「モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)」(共著)

横顔

学生時代の研究室配属でくじ引きにはずれたのがきっかけで今の専門に。やってみると面白くなり、会社でも近い分野の研究をやることになった。

趣味

せっかちにあちこち歩きまわること。音楽(昼はクラシック、夜はジャズ、暑い季節はボサノバ)を聞きながら本を読むこと。酒のつまみの開発。

近況

この仕事をしていると、「なるほど、わかった!」と感じてもらうことが最大の喜びです。しかし、より一層「わかった」と感じてもらうには、自分なりにとことん考え抜くことも大事だと思います。このようにして得られた理解はなかなか頭から消えるものではありません。いかに学生の皆さんに考えてもらうかが研究課題です。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。