工学部 電子情報通信工学科

青木茂明 研究室

AOKI SHIGEAKI
LABORATORY

私たちの周りにある「音」についてさまざまな知見を活用し、研究を推進

私たちの周りのさまざまな「音」は、普段気にならなくても注意して聴くとそれぞれ個性がある。いつどこでも情報にアクセスできるユビキタス環境やコミュニケーション環境、感性表現において「音」は不可欠。研究室では、好奇心と遊び心を持って、音響物理学、音響工学から、聴覚、行動心理学までの広範囲な知見を活用し「音」を研究している。

キーワード

  • 音響物理学
  • 音響工学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

高音質な耐騒音性マイクロホン

研究内容

従来からある耐騒音性に優れているマイクロホンとして、骨導マイクロホンがある。しかし、耐騒音性はあるものの、音質が悪いという欠点があった。一般的に使用されている気導マイクロホンは、音質はよいが耐騒音性に問題があった。そこで、2 つのマイクロホンと共に用いて、ハイブリッド方式にすることにより、耐騒音性がありかつ、音質も良いマイクロホンの実現を目指している。現在、2 つのマイクロホンで収音した音声と、各種騒音の分析を開始している。並行して、2 つのマイクロホンで収音した音声の合成法についての検討も進めている。研究として基礎の段階であるが、骨導マイクロホンの基本的な性能向上と2 つのマイクロホンの実装について、パートナを探している。

音コミュニケーションの研究

教員紹介

TEACHERS

青木茂明  教授・工学博士

石川県金沢泉丘高校出身

略歴

名古屋工業大学工学部電気工学科卒。名古屋大学大学院工学研究科博士課程(電気・電子工学専攻)修了。NTT入社後、横須賀、武蔵野、厚木の各研究所、NTTコミュニケーションズ(株)で研究または開発に従事。NTTコミュニケーション科学基礎研究所主任研究員を経て、2007年本学教授就任。

専門分野

専門:電気音響学、音響心理学
論文・著書:“Stereo reproduction with good localization in a wide listening area,”J. Audio Engineering Society、他
ディジタル音声・オーディオ技術(共著)、他
受賞:(社)日本音響学会第5回日本音響学会技術開発賞、同学会第42回佐藤論文賞(2編同時受賞)

横顔

大学、NTTの研究所を通じて、一貫して「音」に携わってきました。「音」といっても研究分野は多岐にわたり、超音波、電気音響、通信、バーチャルリアリティから、心理学の領域まで手がけてきました。近年、超指向性のスピーカを用いたステレオ再生、聴覚特性を利用した避難誘導など、音の臨場感の研究をしています。

趣味

歴史探訪(自転車でぶらりとでかける)

近況

企業の研究所で数十年、研究してきました。若い力みなぎる大学で、多様性のある学生達が奏でるハーモニーの中で、新たな「音」の研究領域を広げ、そして極めていこうと考えています。身近な「音」について関心のある学生達を、毎年、新たに研究室に迎えることを楽しみにしています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS