工学部 電気電子工学科

牧野滋 研究室

MAKINO SHIGERU
LABORATORY

オリンピックもリアルタイムで観戦、人工衛星に搭載されるアンテナの研究開発

小さな金属を絶縁体の上に周期的に配列することにより、自然界に存在しない物質を人工的に作り出すことのできる「メタマテリアル」が注目されている。研究室では「メタマテリアル」技術を用いたアンテナを研究しており、通常はお椀型のパラボラアンテナを平面で構成した反射鏡アンテナや、金属の上にも張り付けることができる小型薄型アンテナなどの開発に取り組んでいる。

キーワード

  • アンテナ
  • メタマテリアル
  • リフレクトアレー
  • IOT用アンテナ
  • 衛星搭載用アンテナ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

メタマテリアル技術を用いたアンテナ

研究内容

牧野研究室では,電波の反射位相をコントロールできるメタマテリアルを応用したアンテナの研究に取り組んでいます.
ひとつめは,リフレクトアレーアンテナと呼ばれているもので,通常は曲面で構成される反射鏡(パラボラアンテナなど)を平面で構成できるようにしたものです.これを衛星搭載用大型アンテナに適用すると,従来のパラボラアンテナでは展開構造(衛星を打ち上げるときに折りたたみ傘のように折りたたんで衛星に収納し,宇宙で展開する)が複雑であったために信頼性に問題がありましたが,鏡面を平面にすることにより,展開構造の信頼性が飛躍的に向上します.また,BS受信アンテナなどに適用すると,プラスティックに導電性塗料で印刷することにより製造できるため,きわめて安価なアンテナを実現できます.
ふたつめは,小型・薄型アンテナへの適用です.自動車に搭載されている地デジ用のアンテナは車体から離して配置されていますが,これは,アンテナを金属に近づけると,アンテナが動作しないからです.この問題を解決するのがメタマテリアルで,考案したMACKEYは,周囲に金属が有ろうが無かろうが動作する小型・薄型アンテナです.パソコンや携帯電話などの情報通信機器以外に,さまざまな家電製品に無線通信機能が実装される(IoT:Internet of Things)ようになってきていますが,MACKEYはこれに適したアンテナです.

教員紹介

TEACHERS

牧野滋  教授・博士(工学)

広島県広島大学教育学部附属福山高校出身

略歴

京都大学工学部電気工学第二学科卒。1977年三菱電機(株)入社。情報技術総合研究所アンテナ技術部長などを経て、2003年本学客員教授就任。2007年本学教授就任。

専門分野

専門:アンテナ工学
論文・著書:論文に「国際通信衛星搭載用複反射鏡形式マルチビームアンテナの設計に関する研究」(学位論文)など。
受賞:1987年、1996年、1997年、1998年関東地方発明表彰発明奨励賞、1998年R&D100賞、2005年第16回電波功績賞電波産業会会長表彰、2006年市村産業賞貢献賞など

横顔

企業では、衛星通信、地上マイクロ波回線、レーダなどに用いられるアンテナの研究開発に従事しました。企業における約30年の経験を、将来の日本を支える若者に伝え、育成していくことが、私の第二の人生における使命であると思っています。

趣味

ゴルフ、読書

近況

故郷である広島を出て以来、京都、鎌倉、そして金沢と、歴史のある美しい街々に住むことになったのは嬉しい偶然です。金沢での単身赴任生活を楽しみたいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS