工学部 電気電子工学科

野口啓介 研究室

NOGUCHI KEISUKE
LABORATORY

モバイルコミュニケーションの基盤技術を築く:移動通信システム用アンテナと電波伝搬の研究

スマートフォンやタブレットPCなど、モバイルコミュニケーション(移動通信技術)が目覚ましく発展している。その発展を支える様々な技術の中で、移動通信システムを構築する上で重要なアンテナ技術と電波伝搬の把握に着目している。また、近年注目されているエネルギーハーベスティング(環境発電)を効率良く行うためのレクテナ(電力再生器)に用いるアンテナの研究を進めている。

キーワード

  • 移動通信
  • スマートフォン
  • 無線LAN
  • 電波伝搬
  • 環境発電

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

移動通信用小形アンテナに関する研究

研究内容

移動通信用無線端末に必要となる小形アンテナの研究を行っています.折返し構造を利用することにより小形,広帯域化を実現した折返し逆L形アンテナ,RFID用容量装荷モノポールアンテナなど,様々な小形アンテナを取扱い,広帯域化,マルチバンド化に向けた研究を行っています.小形アンテナに関する設計理論の検討,シミュレーション,試作実験等,幅広い取り組みを行っています.

エネルギーハーベスティング用アンテナに関する研究

研究内容

地上デジタル放送(地デジ)からの電波を受信し電力再生を行うレクテナ用アンテナの研究を行っています.レクテナの整流効率を高めるために,アンテナのインピーダンスをkΩまで高め,さらに広帯域に渡る周波数に対応して動作するよう,工夫しています.そのような工夫により,日本全国の地デジの85%以上のチャンネルに対応するアンテナを実現しています.

教員紹介

TEACHERS

野口啓介  教授・博士(工学)

山形県鶴岡南高校出身

略歴

金沢工業大学電子工学科卒。東北大学大学院前期博士課程(電気及び通信工学)修了。(株)日立製作所入社、中央研究所に勤務。1995年本学助手就任、講師、助教授を経て、2009年現職。2009年UCLA客員研究員。

専門分野

専門:アンテナ工学
論文・著書:「携帯端末用小形アンテナの広帯域化に関する研究」(学位論文)ほか
受賞:電気学会論文発表賞(1996年度)
電子情報通信学会通信ソサイエティ優秀論文賞(2008年度)
電子情報通信学会論文賞(2015年度)
その他専門情報:電子情報通信学会アンテナ・伝播研究専門委員会委員、IEEE AP-S Nagoya Chapter Vice Chair、日本工学教育協会中級教育士(工学・技術)

横顔

パピルスに記されてあったといわれる言葉に啓発を受け「新しい行動、新しい野心、新しい努力、新しいビジョン」を教育と研究にもたらすべく、学生との対話を通して、日々模索するよう心がけています。「守破離」に加えて「本を忘るな」を大切にしています。

趣味

読書(積読が多くなった)、軽いランニング(体力維持に30分ほど)、クロスバイク(自転車サークル顧問なので、できるだけクラブランに参加したいと思っていますが、予定が多くなかなか参加できていません)。

近況

本学に就いて以来、長くアンテナの研究を行ってきましたが、いまだに自分にとって“面白い”と思う発見があります。PDⅢと大学院での研究では、このような発見を学生と共有し、共に感動を味わいたいと考えています。アンテナと電波伝搬をテーマに外部との共同研究も進めて、幅広く研究活動を行っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS