工学部 情報工学科

阿部倫之 研究室

ABE NORIYUKI
LABORATORY

ツイートを利用したユーザの行動分析

最近、テレビ番組や映画を視聴しながら実況や感想をリアルタイムに発信する視聴者が増えている。番組に反応している視聴者の反響ツイートをリアルタイムに判別して観察することができれば、視聴者が反応している時間帯(役者や場面)などの視聴傾向を番組の放送中に把握できる。研究室では、反響ツイートからノイズツイートを除去することにより、ユーザの反応ポイントをうまく把握できるシステムを開発している。

キーワード

  • ソーシャルメディア
  • ツイッター
  • Web情報学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

GoogleMapsを用いた位置情報付きツイートの視覚化と行動履歴の抽出

研究内容

GPSを有効にして発言したツイートには発言場所の市町村名が付加されている。特に、詳細な位置を共有している場合には、発言場所の座標(緯度と経度)も付加されている。この座標を利用してGoogleMaps上にツイートを描画することにより、ユーザの行動履歴を視覚的に把握することができる。本研究では、位置情報付きツイートをリアルタイムに取得することにより、GoogleMaps上でユーザの移動履歴を観察できるシステムを開発する。

位置情報付ツイートを用いた観光スポットの評価システム

研究内容

最近、位置情報付きツイートがよく発言されている。特に、京都・奈良などの観光地やUSJなどのアミューズメントパークにおいても位置情報付きツイートは多く発言されている。このツイートをユーザ毎にまとめると各ユーザの行動履歴を抽出することができる。本研究では、ツイートを利用して観光スポットの注目度をユーザの行動履歴から評価し、お奨め観光スポットや行動履歴が類似したユーザの発見できるシステムを開発する。

教員紹介

TEACHERS

阿部倫之  准教授・工学博士

静岡県日本大学三島高校出身

略歴

金沢工業大学情報処理工学科卒。同大学大学院工学研究科博士課程(情報工学)修了。(株)日立製作所情報通信事業部ソフト技術センター。1991年本学助手就任、講師、助教授を経て起業。2012年本学准教授就任。

専門分野

専門:Webシステム、Webマイニング、情報ネットワーク
論文・著書:逐次型Prolog処理系の最適構成法の研究(学位論文)、自律分散エージェントによるマルチサーバクライアントモデルの動的負荷制御(電子情報通信学会論文誌)ほか
その他専門情報:ポイント管理装置(特許)、第1種情報処理技術者

横顔

リーマンショックの荒波の中、6年間の個人事業を経て情報工学科に戻ってきました。2000年~2003年にかけて、登録ユーザ数1万人程度の地域ポータルサイトを作成・運用した経験があります。モノ作りが大好きで常に現場で汗を流すべく精進しております。

趣味

ドライブ、Web散策(ツイッター、ブログ)、映画鑑賞

近況

自作のトレーディングシステムで当たらない市場予測を楽しんでいます。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。