情報フロンティア学部 メディア情報学科

山田真司 研究室

YAMADA MASASHI
LABORATORY

音楽と人との関係に、工学・心理学からアプローチして感動を呼ぶマルチメディアコンテンツを科学的に設計

レーシング・ゲームで流れるロック音楽をクラシックや演歌に替えると成績や印象はどう変わるか? 最近のアニメの線には黒でなく赤茶色が使われることが多いがそれはなぜか? 「萌える」キャラクタの顔や声はどのように設計すればよいのか? アニメやゲームなどのコンテンツ設計の方法について、工学・心理学的なアプローチで追求している。

キーワード

  • ゲーム・アニメと人の感情
  • 「萌え」の科学
  • メディア・コンテンツの設計科学
  • エンタテイメント工学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

感動を呼ぶマルチメディア・コンテンツの科学的設計

研究内容

この研究は旧来のユニバーサル・デザインに代表される、みんなが平均的に使いやすいデザインの先にある、個人個人に合わせた感動を喚起するデザインを科学的に提供するものである。音色の印象、音楽の印象、映像の印象、人間の感情などの世界は、いずれも共通した2〜4 次元空間で表現できることが分かっている。これらの応用として、近年、音楽・音響および視覚情報の様々な要因の交互作用がイメージ・印象に及ぼす影響、および人の感情や行動に及ぼす影響についても、実験心理学及び多変量解析の手法で明らかになってきている。また、同じ視聴覚刺激を受けたとき、視聴者の心理特性によって、感情や行動パターンに及ぼす効果がどのように異なるかも調べられている、本研究ではこれらの成果を応用して、環境状況や視聴者の時々刻々の感情的変化に合わせて、求めるイメージ・印象を与え、求める感情や行動を喚起する、音楽・音響、視覚刺激をトータルで設計するための科学的方法を提供する。

音楽演奏に含まれる時間間隔ゆらぎ

モンゴルの歌唱法「ホーミー」の音響心理学的研究

等間隔タッピングの時間的制御

教員紹介

TEACHERS

山田真司  教授・博士(芸術工学)

兵庫県淳心学院高校出身

略歴

大阪芸術大学音楽学科音楽工学専攻卒。大阪府立大学総合科学部計量科学コース卒。九州芸術工科大学大学院修士課程修了。大阪芸術大学音楽学科助手。九州芸術工科大学大学院博士後期課程修了(社会人入学、期限短縮)。大阪芸術大学音楽学科講師、同教養課程講師を経て、2004年本学助教授就任。2008年現職。

専門分野

専門:音楽音響学、音楽心理学、エンタテインメント工学
論文・著書:共著書に、「音の何でも小事典」(講談社ブルーバックス)、「音楽と楽器の音響測定」「音楽はなぜ心に響くのか」(コロナ社)他。共訳書に「音響心理学概論」「音楽と感情の心理学」(誠信書房)他、論文多数。
受賞:(社)日本音響学会第9回粟屋潔学術奨励賞、同学会第36回および第44回佐藤論文賞

横顔

学生時代、プログレッシブ・ロックのバンドでシンセサイザーを弾いていました。その後、音楽音響学、音楽心理学の研究を行うようになりました。最近では、ゲーム音楽や音楽検索の研究に加え、ゲームやバイク、車両などのデザインに関する研究や、「萌え」の科学的研究も行っています。

趣味

ゲーム、アニメ、マンガ、カラオケと、メディア情報への接触に余念がありません。

近況

忙しいのについつい、FF13-2をやってしまっています。カラオケやゲーム、アニメなどから多くの研究のヒント、きっかけをもらっています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS