情報フロンティア学部 心理科学科

神宮英夫 研究室

JINGU HIDEO
LABORATORY

人と製品の関係を心理学の立場から研究 共同研究の成果を世に送りだすことを目指す

人の心を動かす製品開発をめざし、カーナビ・化粧品・食品・飲料など「紙おむつから自動車まで」の身近な商品について、心理学や感性工学の立場から研究している。次も使いたくなる化粧品、もっと食べたいハンバーグなど、人と製品との距離を縮める要素を解明。4年次にはメーカーとの共同研究を行い、その取り組み成果は卒業後に商品化されることもある。(「メガシャキ」飲用時の気持ちの変化を心理学的に研究)

キーワード

  • 心理学
  • 感性工学
  • ヒューマンインタフェース
  • 製品開発

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

感動商品開発技術の提案

研究内容

・ 五感の統合化技術として、香粧品の香りを他の品質との関係の中でどのように特定すればよいかという嗅覚に関する統合化技術を開発した。・ 香りが持つ行動変容の力を、認知症の高齢者で研究を行い、徘徊を抑える香りなどの新たな香粧品の可能性を明らかにした。・ 現行品の問題点を明らかにして、より高級感を高めるというような感性価値を付与するための、製品開発技術を開発し、ローストビーフの製品化を行い、「2006 楽天グルメ大賞」を受賞した。・ 官能評価手法の工夫により、製品開発につながる研究を行い、化粧品・食品・飲料などの製品開発を行った。

官能評価の方法論

時間知覚の内的過程の研究

運動のプログラムに関する研究

教員紹介

TEACHERS

神宮英夫  教授・文学博士

石川県金沢泉丘高校出身

略歴

東京都立大学人文学部心理学科卒。同大学大学院人文科学研究科修士課程(心理学)修了。同大学人文学部心理学科助手、東京学芸大学教育学部心理学科助手、同講師、同助教授、明星大学人文学部心理学科教授を経て、2000年本学教授。情報フロンティア学部長を経て、2016年副学長。

専門分野

専門:感性工学、応用実験心理学
論文・著書:「印象測定の心理学」、「香料の共感覚的表現」、「感動と商品開発の心理学」
その他専門情報:専門官能評価士・シニア教育士(工学・技術)

横顔

大学では、人文・教育系で心理学を担当してきました。授業は、心理学関係から感性工学・人間工学や統計や教育学関係まで多様な分野を講義してきました。大学以外では、企業の研究・開発部門の人と主に仕事をしてきました。2007年度からは「感動デザイン工学研究所」で、心理学を応用した製品開発に関わっています。

趣味

園芸

近況

今までの心理学関係の多様な経験を、「心理情報学科」と「感動デザイン工学研究所」のために活かして、工業系大学での新たな心理学の可能性を追求したいと思っています。心理学を活かしたものづくりを目指しています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS