建築学部 建築学科

蜂谷俊雄 研究室

HACHIYA TOSHIO
LABORATORY

理想の建築空間を表現する力を養う建築設計競技にも積極的に参加

建築や都市のデザインが好きな学生が集い、各自の才能や個性にあった設計テーマに取り組んでいる。実力を試すため、建築設計競技にも出品。大きなプロジェクトなどには研究室全体で取り組む。一人ひとりが思い描く理想の建築空間を表現する力を養うとともに、将来の建築設計界で活躍する人材の育成をめざす。写真は酒蔵改修プロジェクトの完成を喜ぶ研究室の学生たち。

キーワード

  • 才能や個性を活かしたデザイン力
  • 設計理論の研究
  • 建築設計競技への出品
  • プロジェクトを通した社会貢献

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

蜂谷俊雄  教授

富山県高岡高校出身

略歴

早稲田大学理工学部建築学科卒。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。槇総合計画事務所を経て、2003年本学教授就任。

専門分野

専門:建築設計、地域計画、景観デザイン
論文・著書:テキスト建築計画(学芸出版社)
受賞:学生時代に国際コンペ多数入賞。本学着任後にグッドデザイン賞、中部建築賞、北陸建築文化賞、石川建築賞、富山県建築賞、金沢都市美文化賞、建築学会作品選集、JIA優秀建築選、JUDIパブリックデザイン賞、他
その他専門情報:一級建築士。日本建築家協会会員。シニア教育士。作品:石川県立武道館屋内相撲場、小松精練本社棟、金沢工業大学21号館(食堂棟)・23号館(講義棟)、若鶴大正蔵、泉の台幼稚舎、金沢駅西広場。

横顔

学生の作品に対しては、やさしい口調でニッコリ笑いながらも厳しい批評をする。一方、話し好きで学生の面倒見がよく、気軽に相談できる。話し出すと止まらないタイプで、学生と話すことが趣味ではないかとも言われている。

趣味

一般的な趣味として特筆すべきものはない。建築デザインの研究や建築設計実務、まちづくりの社会貢献、あるいは意欲的な学生との建築論議や作品指導などが好きで、家族にはそれが趣味と思われている。

近況

建築デザインが好きな学生の良きアドバイザー、夢考房建築デザインプロジェクトのアドバイザー、研究室でのプロジェクト活動や研究、金沢計画研究所での建築作品づくり、建築・まちづくりを通した地域社会への貢献など、意欲的に取り組んでいる。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS