建築学部 建築学科

円満隆平 研究室

ENMAN RYUHEI
LABORATORY

建物を有効活用するために不動産を含めた建物経営を学ぶ

高価で長年にわたって使用する建物は、持ち主にとって大切な財産である。その維持管理をはじめ、老朽化した建物のリニューアル、建て替え、他の用途への変更など建物を有効活用するための建物経営を研究する。また企業にとって建物は、利益を生み出す手段にもなる。企業経営者の立場にたち、不動産や経営についても学ぶ。

キーワード

  • 建物の有効活用
  • 経営と環境の両立
  • 不動産活用
  • 商店街活性化

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

建物のライフサイクルマネジメント

都市のライフサイクルマネジメント

教員紹介

TEACHERS

円満隆平  教授・工学博士

東京都立立川高校出身

略歴

早稲田大学理工学部建築学科卒。同大学大学院理工学研究科博士課程前期修了・後期満期退学。1982年同大学理工学部助手。1984年清水建設地域開発部。同社ライフサイクルエンジニアリング部を経て、2004年本学教授就任。

専門分野

専門:サステイナブル建築、サステイナブルコミュニティ、建物維持管理、ファシリティマネジメント、プロパティ・マネジメント、CRE/PRE戦略、建築経済、特に「経営と環境の両立」
論文・著書:公共施設マネジメントハンドブック(共著,日刊建設通信新聞社,2014年)公共ファシリティマネジメントマネジメント戦略(共著,ぎょうせい,2010年)、まちづくりのインフラの事例と基礎知識(共著,技報堂出版刊,2008年),他多数
受賞:2010年度日本建築学会技術部門設計競技優秀賞
その他専門情報:技術士(都市及び地方計画)、認定ファシリティマネジャー、ファイナンシャルプランナーAFP、宅地建物取引主任者(未登録)、Master of Corporate Real Estate

横顔

東京生まれ、東京育ちだが、両親は小松市生まれ、祖父までは小松市で代々九谷焼の商家。

趣味

テニス、ヨット(1級船舶操縦免許取得)、映画鑑賞。テニスは下手だが好き。ヨットは東京夢の島のヨットクラブで缶ビール片手に、東京湾、伊豆半島、伊豆大島方面でのクルーズが主だったが、現在は工大教職員クラブで能登の海を満喫。工大学生ヨット部顧問。加賀伝統の謡曲を習い始めたが十年で一人前とのこと。

近況

建築のリニューアルからまちづくりまで幅広く、会社経験に引き続き実務にも取り組んでいる。ファイナンシャル・プランナー(AFP)資格も持ち、ビジネスモデル開発も。よく働き、よく遊ぶこと、楽しくなきゃ仕事じゃないが身上。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS