建築学部 建築学科

竹内申一 研究室

TAKEUCHI SHINICHI
LABORATORY

西川公貴さんがJIA東海支部設計競技「21世紀の戦後住宅」で銅賞入賞

工学研究科博士前期課程建築学専攻1年次の西川公貴さん(竹内研究室)の作品「小さな家の大きな暮らし」が、JIA東海支部設計競技「21世紀の戦後住宅」で銅賞入賞を果たしました。この設計競技は、日本建築家協会東海支部が主催するもので、今回34回目を迎える伝統あるコンペティションです。本学からの入賞は、平成25年度の銅賞、平成28年度の銅賞に引き続き3度目になります。全国から多数の応募があり、一次審査を通過した7点が昨年12月2日に大名古屋ビルヂング内のTOTOプレゼンルームで行われた2次審査に臨みました。2次審査は、著名な建築家である西沢平良氏を審査委員長に、大西麻貴氏をゲスト審査委員に招いて行われ、各チームによるプレゼンテーションを経て各賞が決定しました。西川さんは昨年度(4年次)も共同作品で銅賞を受賞しており、2年連続での受賞は本学では初めてのこととなりました。

公開日:2018.02.01