建築学部 建築学科

垂水弘夫 研究室

TARUMI HIROO
LABORATORY

自然エネルギー活用建築を科学する

建築物は、人間の継続的な仕事や生活の場である。デザインや機能性だけでなく、屋内に形成される温熱環境・空気環境が人の健康・快適性に優れ、冷暖房や活動用のエネルギー消費量が十分に小さい必要がある。当研究室は、時代が求めるZEB(Net-Zero Energy Building)の実現に貢献すべく、建築の周りに存在する太陽・光・雨・風・緑・土などの自然エネルギー活用に関する研究に取り組んでいる。

キーワード

  • 自然エネルギー活用建築
  • 太陽・光・雨・風・緑・土

研究紹介

RESEARCH

地球環境を考慮した次世代建築・住宅に関する研究

研究内容

本研究プロジェクトでは、1)自然エネルギー活用による定量的効果を要素別に評価した上で、その効果を最大化できるグリーン建築の躯体・設備の性能と省エネルギー効果・CO2 排出削減効果を明確にする。また、北陸の気候適応型住宅に関する研究開発では、2)無暖房住宅の開発と屋内の湿気を排出する外壁躯体の開発、3)北陸地域の住宅実測結果に基づく熱環境性能とエネルギー消費・CO2 排出に関するデータベースの作成を行う。以上の研究開発への取組みは、産業界・地域社会を含む幅広い共同研究として推進し、地球環境を考慮した次世代建築・住宅の姿と社会的価値を明らかにして行く。

紫外域日射観測データの気象要素に基づく解析

小型分散エネルギーシステムの建築への適用評価

建築物におけるエネルギー使用に伴うCO2発生量の評価

教員紹介

TEACHERS

垂水弘夫  教授・工学博士

福岡県若松高校出身

略歴

鹿児島大学工学部建築学科卒。東京工業大学大学院理工学研究科博士課程(建築学)修了。同大学工学部建築学科建築環境工学講座助手を経て、1990年本学助教授就任。1997年現職。

専門分野

専門:建築環境工学・建築設備
論文・著書:ヒート&クールトレンチの熱的効果に関する調査研究(日本建築学会技術報告集,2017.6),地下水利用・天井放射空調システムに関する実験的研究 PMV制御下における夏季天井放射及び床放射の比較検討(日本建築学会技術報告集,2017.2)ほか
受賞:空気調和・衛生工学会北信越支部45周年記念賞2015、日本デザイン振興会グッドデザイン賞2013、日本建築衛生管理教育センター建築物の環境衛生管理事業功労者2007、日本建築学会北陸建築文化賞2001
その他専門情報:研究室は八束穂の地域防災環境科学研究所、69.322号室。屋上緑化、太陽光発電、地下水利用放射空調システム、排湿外壁構造開発のための日射人工気象室、付設温室住宅試験棟など、運用中。

横顔

親しみやすく、教育・研究・就職について学生の面倒をよくみられる温厚な先生である。
2006年度から2012年度まで7年間にわたり、建築系2学科の進路主事を務めた後、現在は進路アドバイザーとして総合建設会社の設備職の推薦の他、各職種に関する企業紹介を行っている。

趣味

研究室ではゼミ生との会話を楽しんでおり、卒業生もお盆休みや年末などによく訪ねて来てくれる。大学教員の良いところは、日々、若い人と接触する機会が多いことであろう。
学生時代は囲碁部。グーグルのAlphaGoの市販が楽しみ。

近況

なるべく多くの論文や著書が世に送り出せる様、日々心懸けている。
(1980-2017) 査読論文62、著書38、口頭発表(国際会議31、国内393)、特許2、総説・解説61、講演98
(うち過去5年)査読論文12、著書7、口頭発表(国際会議4、国内39)、特許1、総説・解説5、講演10

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS