建築学部 建築学科

永野紳一郎 研究室

NAGANO SHINICHIROU
LABORATORY

空気の流れをコントロールして快適な建築空間を目指す

建築を取り巻く環境において、空気汚染の問題、地震災害時の津波や火災など、建築とまちの環境を安全に構築するための知恵とスキルが不足している。建築とまちの健康な環境づくりを考え、安全に居住するために「空気環境」と「延焼火災」をテーマにして、実験・モデル解析を行い、建築・まち設計のための研究に取り組んでいる。

キーワード

  • 空気環境
  • 空調・換気
  • 延焼火災

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

地方都市の延焼シミュレーションの研究

研究内容

木造密集市街地をかかえ、歴史的文化環境を残す典型的地方都市としての金沢を対象に、観光資源でもある狭隘な道路を残しながら、延焼対策方法を確立するために、(1)木造密集地域群の地域情報データベース作成、(2)木造密集地域の防火対策手法の適用と効果予測、(3)その成果を金沢市の具体的なまちづくりに反映させることを目指す。金沢の観光資源である木造家屋群をできる限り維持保存しながら、延焼に強い対策案を提案するという現実への解決案を住民も含めて進めてゆくことで、金沢以外の地方都市における木造家屋群への適用も視野に入れている。

うちわ型気流生成装置の開発

食品店舗へのKHP適用によるランニングコスト削減の実証的研究

加圧防排煙システムに関する研究

教員紹介

TEACHERS

永野紳一郎  教授・博士(工学)

大分県別府鶴見丘高校出身

略歴

九州大学工学部建築学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(熱エネルギーシステム工学)修了。1984年(株)フジタ入社。同技術研究所主任研究員を経て、2000年本学教授就任。

専門分野

専門:建築環境工学、建築設備、室内気流解析、空気環境
論文・著書:CFDを利用した室内の流れ場・拡散場制御に関する研究
受賞:1989年,1990年,1997年に(社)空気調和・衛生工学会論文賞
その他専門情報:一級管工事施工管理技士、日本工学教育協会上級教育士(工学・技術)

横顔

研究を楽しもうがモットーです。現場での問題解決の楽しさを糧としています。教科書通りにはいかないことばかりの空気・熱の振る舞いを解き明かすことをライフワークとしています。

趣味

毎年夏には白山日帰り登山と北アルプスの2泊3日テント山行を楽しむこと。鈍行列車でゆっくり旅すること。晴れた夜は、天体観望を楽しむこと(湿気が多く、クリアーな星空はなかなか望めません)。

近況

建築火災の研究を旧知の研究者とともに始めています。東日本大震災の火災の知見を踏まえて、金沢の木造家屋を火災から守るためにはどうすればよいか。研究を進めています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS