建築学部 建築学科

土田義郎 研究室

TSUCHIDA YOSHIO
LABORATORY

土田研究室が築100年の町家を再生。サウンドウォーク、かなざわ風鈴づくりなどのワークショップの拠点に

サウンドスケープ(音風景)の研究に取り組む建築学科土田研究室では、犀川W坂近くの寺町、伝統的建造物群保存地区に位置する築100年の元畳屋の町家を改築し、研究室のサテライトとして再生しました。「てらまちや風心庵」と名付けられたこの施設は、1階には世界初の風鈴ギャラリー付きのカフェやワークショップ等ができるシェアスペースが設けられ、2階はゲストハウスとなっていてます。
土田研究室では今後、「てらまちや風心庵」を、まち歩き(特にサウンドウォーク)や、かなざわ風鈴づくりなどを学生たちで立案・実施する実践拠点として活用していく考えです。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/1202284_3590.html

公開日:2017.08.25

その他のニュース&トピックス