建築学部 建築学科

西村督 研究室

NISHIMURA TOKU
LABORATORY

構造物が崩壊するメカニズムと合理的な形態を探求

構造物が崩壊するメカニズムを研究。現代的な空間構造や伝統的な木造建築物を対象に、どのような条件で建物が安定性を失うかを調べ、建物が崩壊する仕組みを明らかにしている。また、自然界に存在するものの形態がどのようにできているかを学び、力学的に合理的な形態を生成する方法の研究にも取り組んでいる。

キーワード

  • 建物が崩壊する仕組み
  • 形と力のデザイン

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

強震動を受ける伝統的木造建物の限界状態における数理構造の解明

研究内容

近年の北信越地方で強震を受けて損傷、倒壊した伝統的木造建物が報告されています。その倒壊には、安定性を喪失する限界状態が起因していると考えられます。これまでに水平調和地動を受ける柱単体の実験、解析を行い、転倒と鉛直軸回りの回転運動が現れること、その発生原因が定常応答の臨界現象という仮説を提示しました。本研究では、その仮説の下で水平動を受ける伝統的木造架構を対象に、(1)限界状態の数理構造を把握するための力学モデルの構築、(2)倒壊限界を予測する基礎理論の展開、(3)数理構造の妥当性を検証するための数値シミュレーション技術の開発を実施します。

非線形問題の臨界点解析

教員紹介

TEACHERS

西村督  教授・博士(学術)

石川県金沢錦丘高校出身

略歴

金沢工業大学建築学科卒。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科博士後期課程機能科学専攻退学(単位修得)。1992年太陽工業(株)に入社。空間技術研究所、技術本部設計部、空間デザインカンパニー設計部等を経て、2003年本学講師就任。准教授を経て、2013年現職。

専門分野

専門:構造安定問題に関する計算力学
論文・著書:最近の建築構造解析理論の基礎と応用(共著)、丹下健三 伝統と創造(共著)
受賞:日本建築学会技術部門設計競技「建築ストックを活用した新たなビジネスモデルのための技術とデザイン」で優秀賞(共同受賞)、2013年度金沢市文化活動賞(月見光路実行委員会)

趣味

音楽・自然鑑賞、テニス

近況

合理的な構造や美しい造形作品を学生たちと創り出してゆこうと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS