環境・建築学部 建築学科

山岸邦彰 研究室

YAMAGISHI KUNIAKI
LABORATORY

地震対策から事業継続まで建築の付加価値を追求する

研究室のミッションは「建築の付加価値を追求する」こと。これまで行ってきた耐震工学を軸に、免震・制震、地震リスク、地震動などの地震関連の研究から、環境振動、事業継続にいたるまで、時代が求め、付加価値の向上に貢献するものであれば、すべてが研究の対象。学生に大きな活躍の場を提供することを第一に考えている。

キーワード

  • 付加価値
  • 耐震工学
  • 事業継続

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

事業継続性を高める建築・施設の設計方法に関する研究

研究内容

本研究の対象領域は事業継続マネジメントにおけるリスク分析およびその結果に基づく有効な対策立案である。リスク分析では対象ハザードの選定およびそれらのリスク評価を行う。リスク分析の精度は対策費用の増減に影響する重要な事項であるが、精度向上が目的化し評価コストが上昇することを抑制するために、簡易な評価方法の構築を行う。対象とするハザードは地震、風雨、地盤変状等の自然現象を基本とするが、ニーズに応じて広範のハザードを扱ったり、一部のハザードを詳細に検討したりする。対策立案では、リスク分析結果を反映した対策を講じるが、建築・施設の仕様に応じた対策が必要になる。本研究では多くの建築・施設に適用可能なユニバーサルな対策方法の開発を行う。

教員紹介

TEACHERS

山岸邦彰  教授・博士(工学)

東京都早稲田高校出身

略歴

早稲田大学理工学部建築学科卒。同大学大学院理工学研究科(建設工学)修了。1994年三井建設(株)入社(現・三井住友建設(株))。同技術研究所主任研究員を経た後、建築事業企画部、エンジニアリング企画部を経て、2009年本学准教授就任。2016年教授。

専門分野

専門:地震・地盤工学、耐震工学
論文・著書:固体音領域における建物応答の評価と躯体を利用した振動低減方法に関する研究(学位論文)など。
その他専門情報:一級建築士、技術士(建設部門)、VEリーダー、事業継続主任管理者

横顔

東京は地震が多い所ですが、幼少より地震が嫌いであったため、地震に強い建物づくりを目指して建築を志しました。「いやもいやも好きなうち」いろいろと勉強してきましたが、未だに地震を好きになれません。
「教育付加価値」とともに「建築付加価値」を高めることが当研究室のミッションです。

趣味

ジャズ、スキー(何とか・・・)、テニス(もはや・・・)
現在、軽音楽部の監督をしています。ときどき活動部屋(12号館401室)にお邪魔しています。監督というほどの仕事はしていませんが、楽しくやりましょう。アドリブ(即興演奏)なのでどんな演奏をしても良いのですよ! ただし格好よければ・・・

近況

ゼミでは安全や衛生について講義をする安全大会というものを毎月1回開催しています。その後、懇親会を実施しています。しかし、最近ゼミ生が安全大会のことを「飲み会」と言うようになり困っています。安全大会よりその後の懇親会がメインになっているようです。安全第一。安全コールもお忘れなく。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。