バイオ・化学部 応用化学科

大澤敏 研究室

OSAWA SATOSHI
LABORATORY

生分解性高分子を中心にした環境・医療・エネルギー新素材を開発

安全な生体関連物質から、使用後に分解して自然に帰る「生分解性プラスチック」をはじめバイオ燃料、生体材料を合成し、環境・健康・医療・医薬分野への応用に取り組んでいる。たとえば、廃棄後に自然に分解する食品トレーや、有害物質を吸着し分解する物質、砂漠の緑化剤、新しい治療薬、プラスチックの化学構造が人の感覚・感性に与える影響を考慮した新感覚素材の開発などの研究を行っている。

キーワード

  • 生分解性プラスチック
  • 微生物
  • 再生医用材料
  • 砂漠緑化
  • 健康素材

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

生活圏の有害物質の除去を目的とした、安全性の高い生分解性高分子と微生物との複合材料の開発

研究内容

バイオレメディエーションには、使用する微生物の安全性を確認することが不可欠とされている。本研究では、安全性の高い麹菌(Aspergillus oryzae)を生分解性高分子多孔質体に付着させた基板を作製することで有害物質を効率よく分解できる、微生物/多孔質複合体の開発を行う。

有害物質の吸着と分解を同時に行う有機・無機ハイブリッド環境浄化材料の開発

研究内容

飲料水へのトリハロメタンやホルムアルデヒドの混入、あるいは加熱飲料に微量のアクリルアミドが含まれていることが問題となっている。これらを浄化するためには安全な有機・無機化合物だけを用いて有害物質を選択的に付着分解する必要がある。そこで、本研究では、環境や生体に対する安全性の高い素材のみを複合化した材料の開発を行う。

安全性の高い医用材料の開発 薬を徐放する創傷治療材と再生医療材料

研究内容

キトサンは組織再生材料として注目されてきたが、有機溶媒に溶解させたのちに成形する手法が主流であり、有機溶媒中への細胞増殖因子、治療薬の添加は不可能であった。本研究はキトサンを水のみでナノファイバー化した懸濁液を作製し、これに治療薬等を添加・付着させてからフィルム化、あるいは多孔質化することを可能にした。

天然系添加剤の化学装飾による高機能化

研究内容

プラスチック製品には、その性能を維持するために多くの添加剤が含まれているが、その中に内分泌かく乱物質や発癌性が疑われている添加剤も使用されている。環境調和材料、生体適合性材料への使用を考えた場合、添加剤の安全性や生分解性も不可欠である。本研究では天然系添加剤をベースとした安全で環境調和型の高機能添加剤の開発を行う。

油脂およびコレステロール類に対して高い吸着能を有する食品用高分子多糖の開発

研究内容

メタボリックシンドロームや成人病予防のために、機能食品として油脂やコレステロール等を吸着する安全な食用素材が求められている。我々はチキン・キトサンをマイクロあるいはナノファイバー化してペースト状あるいは固体状にする技術を有している。これに、安全な食品成分を化学修飾して健康のための食用素材を開発する。

教員紹介

TEACHERS

大澤敏  教授・理学博士

愛知県桜台高校出身

略歴

東京理科大学理学部化学科卒。同大学大学院理学研究科博士課程(化学)修了。マサチューセッツ大学博士研究員を経て、1996年本学講師就任。助教授を経て、2004年教授。学生部、教務部、研究部、進路部等の副部長、バイオ・化学部学部長、教務部長を経て2015年副学長。この間、米国パデュー大学、スウェーデン王立工科大学、ドイツカールスルーエ大学等で工学教育の視察・研究に従事。2016年本学第6代学長。

専門分野

専門:生分解性プラスチック、環境調和材料、医用材料、高分子化学、工学教育
論文・著書:Control of degradation rate of biodegradable polymers by surface treatments、著書にSolid Phase Processing of Polymers(HANSER)
受賞:Outstanding Achievement Awards of Polymer Science and Engineering、材料技術論文賞、ポスター賞など
その他専門情報:自然から学ぶ機能化学・バイオ化学

横顔

性格は温厚で物事にこだわらないタイプです。学生に対しては、自主性を重んじますが、これを確保するためには相当な厳しさも必要であると常々感じています。できるかぎり学生の視点に立って対応できるよう心がけています。学業以外の相談にも応じますので気軽に声をかけて下さい。

趣味

ゴルフ、スキー、スケートボード、一輪車、昆虫の飼育、ガーデニングなど。

近況

東京都出身で、その後、名古屋、東京、マサチューセッツ、山口に住みましたが、金沢が一番気に入っています。雪が降ると何となくそわそわしはじめるのは九州生まれだからでしょうか。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS