バイオ・化学部 応用化学科

大嶋俊一 研究室

OSHIMA SYUNICHI
LABORATORY

有用金属回収のための新規金属イオンの開発とコンクリートの化学的侵食および表面含浸材に関する研究

カドミウムなどの有害重金属やレアメタルなどの有用金属の選択的分離・回収は重要な課題である。研究室では有機化学的手法を用いて、多孔質材料の表面改質を行うことにより、高い選択能を有する新規高機能化吸着・分離材の開発に取り組んでいる。またコンクリートの劣化の一つの原因である化学的侵食およびコンクリートの表面改質のための表面含浸材に関して、特性評価などにも取り組んでいる。

キーワード

  • 金属イオン吸着材
  • 金属イオンの選択的分離
  • コンクリートの化学的侵食
  • コンクリート用表面含浸材

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

イオン交換法による有害イオン分離及び有害金属イオンの回収に関する研究

研究内容

重金属イオンによる水質汚染は、濃度規制などにより徐々に減少しているが、生物濃縮の危険に対しては、廃水中の有害金属イオンの絶対量を減らす必要がある。またレアメタルをはじめとする有用金属の資源枯渇が心配されており、その対応策が必要となっている。本研究では、固体のイオン交換体を用いて、液相中の目的イオンを溶液から吸着し、分離・濃縮する方法であるイオン交換法を利用し、シリカゲルやメソポーラスケイ酸塩などの多孔質材料の機能化により、有害金属イオンに対する吸着能や分離能に優れた浄化材料の開発を目指す。また作成した浄化材料を有用金属イオンの分離回収に応用し、廃製品からの有用金属の分離回収法として実用化を目指す。

コンクリートの化学的侵食および表面含浸材に関する研究

研究内容

インフラ等で使用されるコンクリートは環境中で徐々に劣化していく。劣化の原因のうち、酸や塩による化学的な劣化を化学的侵食といい、下水道管などで特に問題となっている。この化学的侵食については、化学的知識が必要不可欠であり、当研究室では、化学的見地から、コンクリートの化学的侵食に関する検討を行い、メカニズムの解明やその評価方法、および新たな予防・保全法の開発に関する研究を行っている。
 また、コンクリ-トの表面を改質する材料として、表面含浸材がある。表面含浸材のうち、けい酸塩系表面含浸材は比較的新しい材料であり、その活用法や試験法はまだまだ改善の余地を有している。そこで、当研究室では表面含浸材に関する試験方法について検討するとともに、上記の知見を活用し、化学的侵食に対する表面含浸材の効果について検討を行っている。
 これらの研究の一部は、企業との共同研究であり、化学の知識を異分野で活用し、学外の人と議論することで研究の意義や位置付けを確認することで、研究の重要性を理解できると共に、コミュニケーション能力向上にもつながっている。

教員紹介

TEACHERS

大嶋俊一  准教授・博士(理学)

石川県金沢二水高校出身

略歴

金沢大学理学部化学科卒。同大学大学院自然科学研究科物質化学専攻博士前期課程修了。同大学大学院自然科学研究科物質構造科学専攻博士後期課程修了。金沢工業大学特別研究員。福井工業高等専門学校物質工学科助手。2007年本学講師就任。2014年現職。

専門分野

専門:分離分析化学、錯体化学、環境化学、
論文・著書:“Structual Effect of Di-Sciff Base Ligands Having Pendant Arms on Ion-pair Extraction Selectivity of Divalent Metals”(学位論文)
受賞:日本イオン交換学会2009年度進歩賞、第14回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム優秀論文賞
その他専門情報:コンクリートの化学的侵食

横顔

生まれ育った金沢で、のんびりとした生活を楽しみながら、大好きな街並みや自然に触れ、さまざまな環境問題について考えていきたいです。また、学生と接する時間を多く取り、明るく活気のある研究環境にしたいです。

趣味

旅行(特に温泉好き)、映画鑑賞、ボーリング、スノーボード、料理、読書

近況

最近、子供が生まれ、育児に励んでいます。かわいい子供のために、頑張らなきゃなぁと思いつつ、仕事とプライベートのバランスをうまく保つにはどうすればよいか悩んでいるところです。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。