バイオ・化学部 応用バイオ学科

島田洋一 研究室

SHIMADA YOUICHI
LABORATORY

医学と工学の知識を融合させた幅広い分野を土台に、孤立死防止システムやインテリジェント義足を開発

生命科学やバイオ工学から人体の解剖学・生理学、電子回路やコンピュータ科学、メカトロニクスを含む機械工学などの幅広い分野の知識や技能を土台にして、さまざまな課題に取り組む。特にイネを含む植物の遺伝子解析、水生動物の行動解析とその応用、人体の情報処理機能の解析、そして医療・福祉機器の開発にマイクロプロセッサシステムを応用する。

キーワード

  • 健康・福祉工学
  • 行動支援システム
  • 生体計測
  • 生体機能代行
  • マイクロプロセッサ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

マイクロプロセッサシステムを用いた医用福祉機器開発

研究内容

近年高性能化したマイクロプロセッサが多種類市場に発表されて様々な製品に組み込まれているが、医用福祉機器の分野では安全性や機能の面で必ずしも十分浸透しているとは言い難い。特に臨床現場における医療技術者の様々な活動の支援のためにはインテリジェント機能を持つ医用機器が不可欠である。また高齢化社会への移行に伴い深刻な介護者の不足が顕在化しているが、自宅や施設で簡単に使える高機能化した福祉機器の必要性も高まるばかりである。そこで、これまでに医療現場からの要請に応えて既存の機構部品を組み合わせた術者の視線追従機能を有する内視鏡カメラの位置制御装置の開発、下腿義足装着者の歩行を支援する能動下腿義足の開発、排泄支援を目的とした車いすの開発等を行ってきた経験を基盤にして、さらに様々な医用機器・福祉機器や各種の生体信号計測処理システムの開発をdsPIC、AVR、H8 などの各種のマイクロプロセッサを比較検討して最適なものを選ぶと同時に、より拡張性の高い高機能なシステムの開発を行うことを研究目的とする。研究室内には旋盤、フライス盤、ボール盤などの小型工作機械、電気溶接装置からプリント基板試作装置やオシロスコープなどを備えている。

マイクロプロセッサを用いた生体情報計測システムの開発

カラ-画像処理システムを用いた金魚の三次元行動解析

教員紹介

TEACHERS

島田洋一  教授・工学博士・医学博士

富山県砺波高校出身

略歴

金沢大学工学部電子工学科卒。東北大学大学院工学研究科博士課程(電子工学)修了。近畿大学医学部(生理学第一講座)助手、信州大学医学部(第二解剖学教室)助手を経て、1985年本学助教授就任。1989年現職。

専門分野

専門:医用工学、神経生理学、電子回路
論文・著書:末梢神経における多チャンネル情報の計測・処理に関する研究

横顔

明朗快活な親分肌の人情家で面倒見が良いとの事も。小柄であるが学生をも圧倒するバイタリティがありましたが最近は?物を大事にして収集する反面、整理整頓が極めて不得手のようである。

趣味

読書、ライフル射撃、旅行、料理、電子工作

近況

「少年老い易く学成り難し」を痛感し、処理能力不足の悲哀を味わいながら高齢化社会などに対応した各種の福祉機器の開発に取り組んでいます。また、自分のライフワークをも模索中です。2002年度中の米国留学での体験をもとに、教育方法を変えてみようと思い、色々と策を練りましたが、目に見えない障壁を痛感しています。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。