バイオ・化学部 応用バイオ学科

小田忍 研究室

ODA SHINOBU
LABORATORY

山下千佳さんが「香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会」でベストプレゼンテーション賞を受賞

9月9日・10日に金沢工業大学扇が丘キャンパスで開催された「第61回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(TEAC2017)」において、応用バイオ学科4年次の山下千佳さん(小田忍研究室)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

発表演題は「界面バイオプロセスによるMonascus色素並びに生物活性物質の選択的生産」で、紅麹カビから医薬品原料を効率的に生産するシステムの研究成果について発表したものです。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/0912_yamashita.html

公開日:2017.09.12

その他のニュース&トピックス