バイオ・化学部 応用バイオ学科

松本恵子 研究室

MATSUMOTO KEIKO
LABORATORY

野菜の健康機能性を栽培の工夫で向上させる

食品機能性に優れた野菜を食べることで疾病予防やアンチエイジングを図ろう、という動きが広がりつつある。これを受けて、健康の維持増進に効果が期待される栄養素や成分を、通常より高めるように生産された農産物に注目が集まっている。研究室では、野菜の健康機能性を向上させる栽培技術を開発し、これを植物工場などの生産現場に応用することをめざす。

キーワード

  • 植物工場
  • アグロメディカルフーズ
  • 機能性野菜

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

松本恵子  講師・博士(農学)

埼玉県淑徳与野高校出身

略歴

東京農工大学農学部地域生態システム学科卒。同大学大学院生物システム応用科学研究科博士前期課程修了。同大学大学院連合農学研究科博士後期課程満期退学。新都心国際特許事務所特許技術者、東京工科大学応用生物学部助教、農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターフィールドモニタリング研究チーム研究員、イシグロ農材(株)イシグロ農業研究所研究員を経て、2014年本学講師就任。

専門分野

専門:農業工学、農業環境工学
論文・著書:カイワレダイコンの抗酸化活性を向上させる環境制御(学位論文)、Analysis of Environmental and Physiological Data of Citrus Orchards by Using Field Server

横顔

「健康・美容と食・野菜」に夢中です。金沢に赴任するにあたり、加賀野菜には、きっと健康に良い機能があるに違いない!とワクワクしています。アロマテラピーやハーブティなど、植物の力を日頃から楽しんでいます。よろしくお願いします。

趣味

読書

近況

植物工場などの高度施設園芸システムをツールとして想定し、野菜(特にスプラウト類)の健康機能性を向上させる環境制御技術を研究しています。医学・栄養学・育種学分野など関連分野とも協同し、健康に良い野菜を生産するための栽培技術を開発し、健康長寿に貢献できれば幸いです。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。