情報フロンティア学部 心理科学科

星野貴俊 研究室

HOSHINO TAKATOSHI
LABORATORY

認知・感情・行動の影響関係を手掛かりにして精神衛生を考える

不安になりやすい、落ち込みやすいといった性格傾向をもっている人は特有の情報処理のクセ(認知バイアス、認知の歪みと呼ばれます)をもっていることが知られています。研究室では、感情というテーマに認知心理学、神経心理学、あるいは認知神経科学といった多様なアプローチを採って、その発生・維持過程の解明を目指しています。また、精神衛生の観点から感情制御のメカニズムについても研究を行っています。

キーワード

  • 認知と感情
  • パーソナリティ
  • 感情制御
  • 精神衛生(メンタルヘルス)

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

星野貴俊  講師・博士(学術)

栃木県宇都宮高校出身

略歴

東京都立大人文学部心理学専攻卒。東京大学大学院総合文化研究科認知行動科学講座修了。日本学術振興会特別研究員、富山大学大学院医学薬学研究部研究員、大阪大学大学院連合小児発達学研究科特任研究員を経て、2015年本学講師就任。

専門分野

専門:認知臨床心理学・認知行動科学
論文・著書:Trait anxiety and impaired control of reflective attention in working memory, 大学生における統合失調型パーソナリティとQOLとの関連(論文)など。

横顔

専門の話をすると、毎度「こころを読まれそう」との弁をいただくので「ご注意ください」とお答えするのを常としています。実際は、とりたててこころは読みませんしそもそも読めませんのでご安心ください。

趣味

旅行、運動、写真、読書、猫と会話

近況

工大に来て、まったく関心の対象ではなかった「日常で使える心理学」に面白さを感じるようになりました。学生さんと一緒に何かオモシロイ研究活動ができないものかと思いつつ、研究テーマ(と予算!)について模索しています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。