工学部 ロボティクス学科

竹井義法 研究室

TAKEI YOSHINORI
LABORATORY

人間・環境センシングの実現とロボットによる支援システムの開発を目指して

人間とそれを取り巻く環境センシング技術とヒトの様々な活動を支援するロボットの開発を目指して研究を行っている。脳情報処理を伴うことで実現が困難な人間の嗅覚に相当する匂いセンサや、筋電義手や人間計測に応用可能な筋電アンプ等のセンサシステム開発とそのロボットへの応用を研究している.また、マルチコプタや二足歩行ロボットといった移動体の研究や農業支援を目的としたロボット開発に取り組んでいる。

キーワード

  • 匂いセンサ
  • 筋電義手
  • マルチコプタ
  • 二足歩行ロボット
  • 農業支援ロボット

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

内界センサを用いた二足歩行ロボットの姿勢制御に関する研究

マルチコプタによる3次元匂い源探索

教員紹介

TEACHERS

竹井義法  教授・博士(工学)

福岡県福大附属大濠高校出身

略歴

福岡大学工学部電気工学科卒。同大学大学院工学研究科博士課程前期(電気工学)修了。九州大学大学院システム情報科学研究科博士後期課程単位取得後退学。九州大学大学院システム情報科学研究院助手、金沢工業大学工学部特別研究員を経て、2003年本学講師就任。准教授を経て、2015年現職。

専門分野

専門:システム同定、制御工学、匂いセンサ
論文・著書:Schur Complementに基づく部分空間同定法に関する研究(学位論文)ほか
受賞:2007年度消防庁長官表彰奨励賞

横顔

北陸の気候にも最近は慣れました。

趣味

ドライブ、映画鑑賞(としておきます)

近況

出身地でも雪が降らないわけではありませんでしたが、北陸の冬を過ごして晴れた日の有難さを再認識しました。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。