工学部 機械工学科

藤本雅則 研究室

FUJIMOTO MASANORI
LABORATORY

熱エネルギーの回収・利用により地球環境に優しい社会の実現を目指します

環境に放出される熱エネルギーの回収・利用の方法を中心に研究している。対象となる熱は、常温に近い小温度差のエネルギーであるため、その回収は簡単ではない。そこで、電場を利用して熱移動を促進し、回収率の向上を目指している。今後は、太陽エネルギー等の再生可能エネルギーの利用にも、研究範囲を広げたい。

キーワード

  • 小温度差熱エネルギーの移動促進と利用
  • 電場を利用した熱・物質移動の促進と制御
  • 熱物性
  • 太陽エネルギーの集熱と利用

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

藤本雅則  准教授・博士(工学)

滋賀県虎姫高校出身

略歴

金沢工業大学工学部機械工学科卒。同大学院工学研究科(機械工学)博士後期課程修了。向井建設工業(株)、(株)藤本設備工業所、(株)クボタを経て、2016年本学准教授就任。

専門分野

専門:熱工学(小温度差熱エネルギーの移動と利用、電場を利用した熱・物質移動の促進と制御、熱物性など)。
論文・著書:電場付与による液液界面の不安定挙動と制御に関する研究(学位論文)ほか。

横顔

なかなか活用はできませんが、取得した資格は多数あります。これまで、資格取得自体を楽しむよう心掛けてきました。最近では、資格に代え、環境配慮型エネルギーである太陽エネルギーや廃熱に注目し、それらの活用法に思いを馳せています。

趣味

高校までは体育会系だったため、体を動かすことが好きです。ここ最近、運動から遠ざかり、専ら傍観者です。趣味とまでは呼べませんが、ウォーキングを始めました。四季折々の風景を見て、自然の偉大さを感じています。スポーツ観戦(特にアメフト、ラグビー、野球)、ヨガ(初心者)、読書(全般)等。

近況

常に挑戦者として、取り組める課題はないかと模索中です。一見、困難と思われる課題にも挑戦し、学生諸君と一緒に夢を語りながら、研究できればと考えています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS