工学部 電子情報通信工学科

金野武司 研究室

KONNO TAKESHI
LABORATORY

人のコミュニケーションに潜む仕組みを機械へ

通信機能を持つ機械は我々の身近に溢れており、この流れは今後ますます加速する。しかし、機械は人が自然に行なうコミュニケーションがとても苦手である。研究室では、人どうしのコミュニケーションの仕組みの解明と、その仕組みの機械への実装を行なう。さらに、機械どうしが人の持つコミュニケーションの仕組みを備えることの可能性を探求する。

キーワード

  • 意図的・記号的コミュニケーション
  • 文脈依存型情報伝送
  • 知識共創
  • 認知科学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

金野武司  講師・博士(知識科学)

東京都東京工業大学工学部付属工業高校出身

略歴

武蔵工業大学電気電子工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(電気工学専攻)修了。住友重機械工業(株)勤務。2008年北陸先端科学技術大学院大学博士課程(知識科学)修了。同大研究員、特任助教を経て、2016年本学講師就任。

専門分野

専門:認知科学(コミュニケーション,実験記号論,ロボティクス)、複雑系
論文・著書:言語的コミュニケーションシステムの創発に関する実験的アプローチ, 計測と制御, vol.53(9), pp.801-807, 2014、回帰的意図理解をめざす共同注意ロボット, 科学哲学, vol.44(2), pp.29-45, 2011、乳幼児の視線:交互凝視行動の計算論的研究, 認知科学, vol.15(2), pp.233-250, 2008.
受賞:ヒューマンエージェントインタラクションシンポジウムOutstanding Research Award(2014)、計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会優秀論文賞(2014)、第3回知識共創フォーラム優秀論文賞(2013)

横顔

人の人らしさとは何かを問い続けています。人が言語を使い、意図を介して他者とコミュニケーションしつつ協力によって支えられる社会を形成する生きものであることに、たまらない魅力と不思議を感じます。科学技術はその問いの中で活きるものだと考えています。

趣味

6歳になる息子とレゴ、マインクラフトに夢中です。作る系が好きです。なかなか賢くならないロボと戯れていたりもします。体を動かすことも苦手ではなかったのですが、もう何年も全力疾走していません。

近況

ドリップしたコーヒーを飲みながら学生と議論する時間が何よりも刺激的で好きです。そんな時間が長く続くことを願っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS