工学部 機械工学科

林晃生 研究室

HAYASHI AKIO
LABORATORY

環境・省エネを考えた、これからの生産活動を担うスマートグリーン生産システムの開発

工場で様々な製品を加工する工作機械は、多品種少量生産に対応し、精度とスピードの両立が重要視されている。一方で、地球環境の観点から生産現場における省エネ活動が課題となっていることから、生産設備の中核を担う工作機械にも省エネ化が強く求められるようになった。本研究室では、高速・高精度かつ省エネな加工を行うためのシステムの開発や、新たな3Dプリンタの利用・開発を目指す。

キーワード

  • 生産工学
  • 機械加工
  • NC工作機械の省エネ化
  • 生産活動のIoT化
  • 3Dプリンタの活用・開発

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

省エネを考慮した工具経路生成システムの提案

研究内容

工作機械の省エネ化が求められる中、多くの研究者らがその消費エネルギーを測定し明らかにするとともに、駆動モータやクーラントなどの周辺機器の高能率化によって省エネ化は進められている。一方、NC(数値制御)工作機械により加工するためのCAD/CAMシステムにより生成される工具経路は、加工対象および機械構造の複雑化から工具干渉の回避については研究が行われてきたものの、加工および機械の運動に要するエネルギーについては考えられてこなかった。しかしながら、工作機械運転時の消費電力は、工作機械の構造や、各軸の運動方向や速度などによって異なり、同一製品を加工する際においても、工具経路の違いは消費エネルギーに大きく影響することになる。
本研究では、工作機械の各軸の運動に要する消費電力を基に、製品加工に要するエネルギーを削減しつつ、高精度な加工を実現するための工具経路生成システムの提案を目指す。

教員紹介

TEACHERS

林晃生  講師・博士(工学)

茨城県水戸第一高校出身

略歴

神戸大学工学部機械工学科卒。同大学大学院自然科学研究科機械工学専攻博士前期課程修了。同大学大学院工学研究科機械工学専攻博士後期課程修了。神奈川大学工学部特別助教を経て、2017年本学講師就任。

専門分野

専門:工作機械、生産工学
論文・著書:Measurement and Simulation and of Energy Consumption of Feed Drive Systems,Simulation of Energy Consumption of Machine Tool Motion for 3-Axis Machining
受賞:2013年マザック財団優秀論文賞、2015年日本機械学会奨励賞(研究)、2016年工作機械技術振興賞(奨励賞)

横顔

スーツを着ていないと学生に間違われることもありましたが、最近では落ち着いたのか、歳を取ったせいか、それも少なくなってきました。できるだけ学生と身近に、教育と研究を一緒に楽しむ姿勢で臨んでいます。

趣味

ヴァイオリン・テニス。教員になるまではオーケストラに所属し演奏していましたが、仕事が忙しくここ数年はまともに楽器を弾けていません。せっかくの趣味なので、なんとか時間を見つけて再開したいと考えています。

近況

学生時代はバイクで通学していましたが、金沢に来て車を購入しました。意外と運転が楽しくなってきたので、通勤が主ですが、たまにはドライブも楽しみたいです。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。