バイオ・化学部 応用化学科

坂本宗明 研究室

SAKAMOTO MUNEAKI
LABORATORY

有機合成戦略に基づく機能性分子の開発

特異な機能を持つ有機分子を設計・合成するとともに、その特性評価を行っています。特に、架橋剤に機能性を付与し、環境分析や環境浄化、有用物質の抽出などに用いることが可能な新規材料の開発に注力しています。また、「古墨」など稀少書画材料に関する分析・製作法の開発など、考古化学的なテーマも手がけています。

キーワード

  • 有機合成
  • 分子鋳型
  • 機器分析
  • 分離・吸着
  • 考古化学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

坂本宗明  准教授・博士(工学)

兵庫県芦屋高校出身

略歴

神戸商船大学商船学部商船システム学課程(機関学)卒。同大学院博士後期課程(海洋機械エネルギー工学)修了後、環境分析、プラントエンジニアリング業務に従事。神戸大学工学部応用化学科研究員を経て、2007年本学講師就任。2014年現職。

専門分野

専門:工学教育、有機材料化学
論文・著書:Fabrication of Copper Ferrite Thin Film from Aqueous Solution by the Liquid Phase Deposition Method 他

横顔

皆さんとは基礎課程・専門課程の双方でお会いします。教育では有機化学とプラント工学という2種の専門を背景とし,「異分野・異文化協働が可能な技術者」の育成を目指し,研究ではたんぱく質材料の機能制御や,機能性高分子架橋剤の合成など,有機合成の技術を活用した機能性分子の創成に注力しています。

趣味

物作り全般、料理、中国武術

近況

物質的援助のない環境における生存法や、限られた工具のみで実施する機械修繕法など、大学時代には苦しい・辛いと感じていた訓練が、最近役立つようになってきました。皆さんも学生時代に様々な事に挑戦することをおすすめします。人生に無駄はない…はずです。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。