工学部 機械工学科

福江高志 研究室

FUKUE TAKASHI
LABORATORY

自然界の流れの「不思議」をひも解き、魅力あふれるものづくりへ

自然界の流れには、ふと振り返ると沢山の不思議が。例えば、なぜわたしたちの心臓は脈打つのか?進化の過程で培われた知恵や技術が、より高度な流れの制御や、持続可能な社会の構築に貢献する技術のヒントになる可能性がある。そこで、本研究室では流体工学や伝熱工学の知識を用い、自然界の流れの「不思議」を探り、電子機器などわたしたちの身近な製品に新たな価値を加える熱流体制御技術に関する研究を行っている。

キーワード

  • 流体工学
  • 伝熱工学
  • 生体模倣(バイオミメティクス)
  • 脈を打つ流れ
  • ものづくりにおける熱流体設計

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

福江高志  講師・博士(工学)

富山県富山工業高等専門学校(現:富山高等専門学校)出身

略歴

東京農工大学工学部機械システム工学科卒。富山県立大学大学院工学研究科機械システム工学専攻博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員、デルフト工科大学工業デザイン工学部客員研究員、岩手大学理工学部システム創成工学科機械科学コース助教を経て、2018年本学講師就任。

専門分野

専門:流体工学、伝熱工学、熱流体設計学、生体模倣技術
論文・著書:電子機器熱設計のための小型軸流冷却ファン性能モデルに関する研究(学位論文)、自然界の知恵から学ぶ脈動流による電子機器冷却の新展開ほか
受賞:ASME Reviewer of the Year Award 2014、Young Researcher Award(IEEE CPMT Symposium Japan 2015)ほか

横顔

鉄道好きが高じて機械工学を志しました。専門は熱流体工学ですが、特に身近な自然界の不思議の「なぜ」を捉えて、ものづくりに応用できるようなアイディアを探しています。周囲談、研究の話になると中々議論が止まらなくなるのが欠点のようです。「まずはやってみよう」をモットーにしてます。

趣味

鉄道ファンで、(国内外問わず)鉄道旅行が大好きです。機械工学を専攻してからは自動車や飛行機などにも興味が出てきて、最近では乗り物全般を対象に趣味を広げています。一方、世界の民族舞踊を踊っていたこともあり、民族音楽を聴いて気分転換をしていたりします。

近況

お茶が大好きで種類を問わずに飲んでいます。最近のマイブームはハーブティです。よりおいしいお茶を淹れるためのノウハウを、熱流体の視点から考えたりするのですが、中々最適解は出ません。ティーポットを片手に学生の皆さんと様々な議論をする時間がいつも楽しみです。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。