情報フロンティア学部 メディア情報学科

浦正広 研究室

URA MASAHIRO
LABORATORY

自身の身近な問題を通して、人々の生活をより豊かにするメディアをデザイン

運筆リズムをなぞって練習するペン字アプリ、こどもが制作できる小さなプロジェクションマッピング、ICTを取り入れた介護レクリエーション、狭い作業スペースに開放感をもたらすデジタル窓、怖がりの人でも楽しめるVRお化け屋敷……。いずれも学生さんが抱える身近な「?」を育み、学会やコンテストで受賞するに至った研究テーマです。
このような、学生さん一人ひとりに合わせた、幅広いメディア創造に取り組んでいます。

キーワード

  • ヒューマンライフデザイン
  • エンタテインメントコンピューティング
  • 芸術科学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

浦正広  講師・博士(情報科学)

愛知県東邦高校出身

略歴

中京大学情報科学部卒。同大学大学院情報科学研究科博士前期課程修了。名古屋大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了。(有)L-ITAS取締役。MAI Lab.代表。北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助教を経て、2018年本学講師就任。

専門分野

専門:ヒューマンライフデザイン
論文・著書:バルーンアートの構造解析と難易度評価手法の提案(芸術科学会論文誌8巻4号)、テーブルトップインタフェースを利用したサンドアニメーションの生成シミュレーション(同10巻2号)、ほか
受賞:芸術科学会論文誌第9巻論文賞、同第10巻論文賞、電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎研究会MVE賞(2回)、第8回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト優秀論文賞、ほか

横顔

自身の苦手なものをテーマにするというスタイルで、これまで研究を行ってきました。また、学生さんのコンテストへの応募をサポートして、数々の受賞歴があります。苦手なことだらけの方やコンテストに興味のある方は(もちろんそうではない方も)、気軽に声を掛けてください。

趣味

読書(古本屋さんで一度に50冊くらい買います)、旅行(下手の横好きで行く先々で写真を撮ります)

近況

名古屋から石川に移り住んで4年目になりますが、観光や地元企業・自治体と連携した研究活動を通して、石川の魅力を発見する毎日です。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。