工学部 機械工学科

森本喜隆 研究室

MORIMOTO YOSHITAKA
LABORATORY

「物語の始まりへ」に森太一さんが紹介されました

大学院機械工学専攻博士前期課程2年 森太一さん。
大学で自身を鍛え直すべく興味のあったものづくりについて学ぼうと愛知県からKIT機械工学科に進学を決めた森太一さん。友人たちと助け合いながら課題や勉強に取り組んだと振り返ります。もっと深く知識を得たいと大学院に進学。森本研究室で取り組んだ集大成のテーマは、高速加工を可能にするCNC旋盤の高精度化、高能率化について。加工が難しい3次元カムの量産化やコストダウンにつながる画期的な研究です。たくさんの挑戦の場があり、中身の濃い時間を過ごせたと話す森さん。
春からはエンジニアとして大きな一歩を踏み出す森さんを、研究の様子とともにご紹介します。

https://kitnet.jp/monogatari/play/789_mori.html

公開日:2019.04.15