工学部 航空システム工学科

佐々木大輔 研究室

SASAKI DAISUKE
LABORATORY

佐々木研究室の学生2名に、アメリカに拠点を置く航空関係団体から給付型奨学金

アメリカに拠点を置く航空関係業界の団体ISTAT(国際輸送航空機貿易協会、International Society of Transport Aircraft Trading)から、金沢工業大学大学院機械工学専攻博士前期課程1年の岩船翼さんと、航空システム工学科3年の平美晴さんの2名(ともに佐々木研究室)を含む日本の4大学7名に対して、奨学金の給付が決定されました。

ISTATの給付型奨学生採択は日本で初めてのことです。給付金額は平成30年度分授業料として、岩船さんは授業料全額相当分、平さんは4,000ドル分が大学に直接支払われます。

ISTATでは、これまで全世界で370人以上の学生に奨学金を提供してきましたが、欧米等9月に新学期が始まる大学を対象としてきたことから、日本の大学への支給実績はありませんでした。

今回、4月開講の日本の大学等を対象に、試行的に奨学生を募集することになり、世界的な航空機メーカーであるボーイングの社員が英語で講義を行うと共に英語でのプロジェクト活動を実施する「Boeing Externship Program」参加大学である金沢工業大学、東京大学、北海道大学、東北大学、東京工業大学、名古屋大学、九州大学の7大学に対して、昨年11月に募集の案内がありました。

金沢工業大学では学生ポータル等にて募集し、提出された英語履歴書を元に学科内で審査を行い、岩船さんと平さんの2名をISTATに推薦しました。

採択された学生には、奨学金給付のほか、ISTATのメンバーシップ及びISTATが主催する国際会議への参加登録費免除(5年間)が与えられます。また加盟企業でのインターンシップ等が準備されていることに加えて、ソーシャルメディアを利用したISTAT関係者との交流を通して、将来航空分野で活躍するよう更なる研鑽を積むことが期待されています。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0216_istat.html

公開日:2018.02.16