工学部 航空システム工学科

佐々木大輔 研究室

SASAKI DAISUKE
LABORATORY

機械工学専攻1年次の山口裕也さんが日本機械学会「若手優秀講演フェロー賞」を受賞

大学院1年次の山口裕也さんが、日本機械学会「若手優秀講演フェロー賞」を受賞しました。この受賞は、3月3日に行われた日本機械学会北陸信越支部第55期総会・講演会での講演発表に対するものです。

受賞者名:山口裕也(工学研究科機械工学専攻 博士前期課程1年次・佐々木研究室所属/指導教員:佐々木大輔准教授。受賞当時は工学部 航空システム工学科4年次)

講演題目:低レイノルズ数におけるコルゲート翼の流体解析

山口さんはトンボの翅の断面形状を模したコルゲート翼の流れ場を解明するために、数値流体解析技術を用いた可視化に取り組みました。生物の優れた性質を実際の設計に適用するバイオミメティクス(生物模倣)技術として、昆虫のような低レイノルズ数域におけるコルゲート翼の空力特性が注目されています。本学の岡本正人教授らが実験で空力特性を取得していますが、山口さんは数値解析による可視化結果より、コルゲート翼の凹凸の効果について調べました。この結果を日本機械学会北陸信越支部の講演会で発表し、受賞に至りました。

「若手優秀講演フェロー賞」は、日本機械学会が、大学院学生および企業若手研究者の意識高揚のため、 2004年3月より贈賞を行っているものです。金沢工業大学の学生の「若手優秀講演フェロー賞」受賞は、昨年度の岩船翼さん(佐々木研究室所属)に続き3人目となります。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0405_yamaguchi.html

公開日:2018.04.05