情報フロンティア学部 経営情報学科

松林賢司 研究室

MATSUBAYASHI KENJI
LABORATORY

経営情報学科の学生有志が自主的に海外スタディ・トリップを企画

金沢工業大学・経営情報学科の有志学生が、9月3日から7日までの4日間、中国・上海において、海外企業、大学との学習交流旅行(Study Trip)を実施しました。

Study Tripは、欧米の大学では一般的な学生企画による卒業前の海外渡航・研究旅行です。大学で学習した知識の国際的・社会的な意義を体得する為に学生が自ら訪問したい海外大学・企業とのアポイントを取り付け、指導教員の引率の下で現地の大学や企業を訪問し、研究内容の紹介や意見交換を実施します。

今回のStudy Tripは、経営情報学科でマーケティング戦略を受講する3年生の学生有志、香林亜実さん(リーダー)、佐々木真央さん、池田周平さん、野村佳生さん、福田瑛次さん、薮内天貴さんの6名による自主企画で実施されたもので、三菱商事出身で三菱商事(上海)有限公司等、中国での勤務経験も豊富な経営情報学科松林賢司教授が同行しました。そして現地での中国人、日本からの駐在員の皆様との交流により、中国での仕事への取り組み方やキャリアアップへのヒントについて学ぶことができました。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/1001_StudyTrip.html

公開日:2018.10.01

その他のニュース&トピックス