情報フロンティア学部 経営情報学科

松林賢司 研究室

MATSUBAYASHI KENJI
LABORATORY

金沢駅東広場でのプロジェクションアートイベントをDK art cafeプロジェクトが企画・運営

9月20日(金)、NTTドコモの第5世代移動通信システム「5G」のプレサービスが北陸で初めて開始されたのに合わせて、5Gプロジェクションアートイベント「金沢5G gate 2019 ”Mimassi”」が同日20時から21時まで金沢駅で開催されました。
当イベントは金沢市とJR西日本、NTTドコモ北陸の3者により締結された「5G等の高度ICT技術を活用した地域資源の共創に関する連携協定」の第一弾として行われたもので、金沢市と包括協定を結んでいる金沢工業大学が協力しました。
イベントの企画・運営は、金沢工業大学の学生による「地方創生・商店街活性化・DK art cafeプロジェクト」(プロジェクトリーダー: 建築デザイン学科3年 澤田翔吾さん、担当教員: 経営情報学科 松林賢司 教授)が担当。情報工学科3年の中山僚太さんが中心となって、5Gが持つ高速・大容量、低遅延という特徴を活かしたオリジナルプログラムを制作し、金沢駅東広場 鼓門で上映しました。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2019/0927_DK_art_cafe.html

公開日:2019.09.27

その他のニュース&トピックス