情報フロンティア学部 心理科学科

神宮英夫 研究室

JINGU Hideo
LABORATORY

ハウス食品株式会社との共同研究で「フルーチェ」によるリラックス効果を明らかに

神宮英夫教授の研究室は、ハウス食品株式会社との共同研究(実験名:デザートベース作成時の触感がもたらすリラックス効果)において、ハウス食品株式会社が発売する牛乳でつくる液体デザートベース(商品名:フルーチェ)が、リラックス効果をもたらすことを確認しました。

本共同研究の結果は、5月22日(土)~23日(日)にオンライン開催される「日本人間工学会 第62回大会」にて、神宮研究室の小田島祐平さん(大学院工学研究科システム設計工学専攻博士前期課程1年)が「デザートベース作成時の触感がもたらすリラックス効果」として発表予定です。

詳細は下記をご覧ください。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2021/0519_jingu.html

公開日:2021.05.19