建築学部 建築学科

増田達男 研究室

MASUTA TATSUO
LABORATORY

「金沢式まちや」を共同開発。北陸新幹線開業後の金沢の魅力向上を目指す

KIT増田チームが「金沢式まちや」を共同開発しました。単なる「復原町家」ではなく、町家が持つ優れた技術と様式を現代の建築学で解き明かし、設計に活かした新築住宅です。金沢のまちなみに調和しながら、断熱性能と近代的設備を完備した町家となっています。

KIT増田チームは金沢工業大学建築学部増田達男教授の研究室が中心となった産学連携の開発チームです。国内外の多くの観光客で賑わう金沢が持つ魅力のひとつとして、まちなかに点在する歴史的住宅(町家)があります。ところがその大部分は取り壊され、残っている町家はほとんどが地域性のない姿に改装されているのが現状です。その一方で国内外から金沢が持つ歴史的住宅の魅力に気づき、求めている人が多くなっています。

KIT増田チームでは、こうした問題をはやくから認識し、2014年8月から「金沢式まちや」の共同開発に取り組んできました。

開発した「金沢式まちや」は延べ床面積が177平方メートル(54坪)で県産の天然木を使用。外観は金沢のまちなみに調和し、車2台のビルトイン車庫つき、金沢特有の細長い宅地にも対応しつつ、十分な採光と通風を確保しています。伝統と現代的生活様式を両立させ、長寿命で高齢者にも対応した先進的な新築住宅です。金沢のまちなみの魅力向上と歴史的住宅に住みたいというニーズの高まりへの対応を目指しています。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/1112_kanazawa_shiki_machiya.html

公開日:2018.11.12

その他のニュース&トピックス