建築学部 建築学科

菅野圭祐 研究室

SUGANO KEISUKE
LABORATORY

城下町を基盤とした都市における都市づくりの経緯に関する研究とまちづくりの実践

都市は、そこに暮らす人々の思いが絡み合い、積み重なって形作られる。各時代の都市づくりにおいて、人々が何を考え、語り合い、形にしたのかを紐解くことで、時代を超えて引き継がれた精神文化を見いだすことができる。本研究室では、城下町を基盤とした都市を対象に、江戸時代から近年までの都市づくりの経緯を解明することに挑む。また、住民と協働したデザイン・ワークショップを実践し、未来のまちづくりを構想する。

キーワード

  • まちづくり
  • 文化的景観
  • 城下町都市
  • 市民協働
  • デザイン・ワークショップ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

菅野圭祐  講師・博士(工学)

東京都早稲田実業学校高等部出身

略歴

早稲田大学建築学科卒。同大学大学院修士課程(建築学)修了、同博士課程修了。早稲田大学理工学術院建築学科助手、デルフト工科大学客員研究員、同大学建築学部アーバニズム学科研究員を経て、2019年本学講師就任。

専門分野

専門:アーバン・デザイン、まちづくり
論文・著書:「新版図説城下町都市」、「まちづくり図解」、「まちづくり教書」(いずれも分担執筆)、「山当ての景観構造解析に基づく近世城下町の構成原理の解読」(学位論文)

横顔

学部の卒業論文で金沢を対象とした論文を執筆し、7年の歳月を経て、この地でまた、研究を行う機会を得ました。金沢には強い縁を感じています。まちで暮らす人やみなさんとの縁を大切にしながら、小さなプロジェクトをつなぎ合わせて、大きくまちを動かす仕事を一緒に進めていきたいです。

趣味

サッカー、たまに弾くピアノ

近況

千葉県出身で、長い間東京周辺におりましたが、今年まで二年程オランダで暮らしておりました。雨の多い気候や、水辺が豊かなまちなみに、すっかり親しみを感じるようになりました。水に囲まれた城下町金沢での暮らしが楽しみです。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。