工学部 機械工学科

中田政之 研究室

NAKADA Masayuki
LABORATORY

高性能な機械構造物を実現するCFRPの研究

大型輸送機や地球にやさしいエコカーなどの開発には、軽くて丈夫な材料が必要だ。軽くて丈夫な材料として炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が脚光を浴びている。CFRPを安全・安心に利用するためにはその長期信頼性の確保が不可欠だ。当研究室では、CFRPの強さのメカニズムや長期耐久性の予測方法について研究を進めている。画像は、CFRPの典型的な破壊モードである炭素繊維のマイクロバックリングだ。

キーワード

  • 複合材料
  • 長期耐久性
  • 輸送機械
  • インフラ構造物

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

高分子系複合材料の長期耐久性評価法の開発

研究内容

高分子系複合材料のマトリックスとして用いられている樹脂の力学特性は、時間の経過および温度の上昇によって顕著に低下する、いわゆる粘弾性を示す。そして、低温で長時間にわたる樹脂の力学特性の変化が高温においては短時間で生じ、この力学特性の時間依存性と温度依存性の間には「時間-温度換算則」が成立することが知られている。この現象に着目して、高分子系複合材料の破壊メカニズムを詳細に調べながら、複合材料の長期にわたる強度低下を高温で短時間の強度試験によって評価する加速試験方法を開発した。また、マトリックス樹脂の粘弾性力学特性が吸水によって著しく変化することから、複合材料の長期強度に及ぼす吸水の影響を明らかにした。今後は複合材構造物の長期強度に及ぼす荷重履歴や温度履歴などの影響を評価し、実際の使用環境下で実働荷重を受ける場合の長期強度の低下を評価する手法の確立を目指している。

教員紹介

TEACHERS

中田政之  教授・工学博士

略歴

1982年
3月
富山県立富山工業高等学校 機械科 卒業

1986年
3月
金沢工業大学 工学部 機械工学科 卒業

1988年
3月
金沢工業大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 修士課程 修了

1990年
4月
日本学術振興会  特別研究員 

1991年
3月
金沢工業大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 博士課程 修了

1992年
4月
金沢工業大学 助手 

1994年
4月
金沢工業大学 講師 

1998年
4月
金沢工業大学 助教授 

2007年
4月
金沢工業大学 工学部 機械系 機械工学科 教授 

2018年
4月
金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 

専門分野

専門:複合材料、材料力学

学生へのメッセージ

0か1か(できるか、できないか)のデジタル思考ではなく、0.3でも良いから、できるところからやってみよう。途中で諦めずに、成功するまでやり続けよう。

担当科目

材料力学Ⅰ  機械工学専門実験・演習A  機械工学専門実験・演習B(再履修クラス)  プロジェクトデザインⅢ(中田政之研究室)  材料力学Ⅱ  安全安心な多機能・高信頼複合材構造システム基盤研究(中田政之)  複合材料評価技術  高信頼ものづくり専攻統合特論  基礎材料力学特論  基礎材料力学特論  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS