工学部 航空システム工学科

廣瀬康夫 研究室

HIROSE Yasuo
LABORATORY

最新鋭機B-787のさらにその先へ新しい複合素材を適用した環境に優しい航空機の研究に取り組む

ボーイングの最新鋭機B -787には、「軽くて強い」炭素繊維強化プラスチックが広く使われているが、現状では複合材料の特長を十分に活かした構造になっていない。そこで、より軽量で製造コストが安い構造体として、発泡コアサンドイッチパネルを研究。革新的構造を持った、環境にやさしい航空機の研究に取り組む。さらに、従来の炭素繊維強化プラスチック積層板の層間き裂進展抑制法についても研究を進めている。

キーワード

  • 炭素繊維強化プラスチック
  • 複合材料
  • 革新的構造の追究
  • 環境に優しい航空機
  • 層間き裂進展抑制

研究紹介

RESEARCH

発泡コアサンドイッチパネルのき裂進展抑制手法の研究

教員紹介

TEACHERS

廣瀬康夫  教授・博士(工学)

大阪府北野高校出身

略歴

京都大学工学部航空工学科卒。同大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程修了。川崎重工業(株)民間航空機設計部民間機設計課長、上級専門職を経て、2010年本学教授就任。2001年~2005年京都大学工学部物理工学科非常勤講師。2003年技術士(航空・宇宙部門)、2005年APEC Engineer (Mechanical)、教育士。2020年副学長就任。

専門分野

専門:航空機複合材料構造、民間航空機概念設計
論文・著書:“ Suppression of interfacial crack for foam core sandwich panel with crack arrester ”、その他。
受賞:9th Japan International SAMPE Best Paper Award(2005)、(社)日本航空宇宙工業会 研究賞(2007)他。
その他専門情報:技術士(航空・宇宙部門)、APEC Engineer (Mechanical)、教育士

横顔

入社以来、主に炭素繊維強化複合材料(CFRP)を航空機構造に適用する研究を担当してきた。CFRPはボーイング787の1次構造等に広く適用されているが、CFRPの特長を生かした、より軽量化/低コスト化が可能な構造様式の研究が今後の課題と思っている。

趣味

読書(歴史物等)、史跡等散策。市街地の中の城跡等を散策していると意外な発見があり面白い。

近況

世界をリードする環境に優しい航空機の開発に貢献することが、日本の航空機産業が再び世界に羽ばたく鍵と考えている。本学に関しても、何人かの卒業生が国際共同開発プロジェクトのメンバーに選抜されて海外で活躍している。今後も世界を舞台に活躍できる人材を育成したい。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。